FunLifeHack
フード

本場ニューヨークスタイルの雰囲気を楽しめるステーキハウス in 東京

アメリカ、ニューヨーク・ブルックリンで創業130年の歴史を誇る、名門ステーキハウス「Peter Luger Steak House(ピーター・ルーガー・ステーキ・ハウス)が2021年9月に恵比寿ガーデンプレイス側に東京店をオープンすると言うニュースが大きな話題になりました。ドライエイジングビーフのステーキを世界に広めた名店の味を東京で楽しめるのはうれしい限りですね。

しかしアメリカには、ピータールーガーに勝るとも劣らない名ステーキハウスがたくさんあり、しかも東京に進出しています。

今回は、東京でいただけるアメリカ気分を盛り上げてくれるステーキハウスの名店をご紹介します。たまにはフレンチやイタリアンとはちょっと違う、高級アメリカンダイナーをおしゃれして楽しむなんでいかがでしょう。

BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI(六本木)

ベンジャミンステーキハウスは2006年創業したお店です。ニューヨークのマンハッタンで最も人気のあるレストランのひとつです。「お客様一人一人を家族のように温かくお迎えし、 厳選した料理をラグジュアリーな空間で楽しんでいただく」というのがオーナーの思いだそうです。

日本には2017年に上陸しました。 使用するお肉はUSDA(米国農務省)認定の最高級ランクビーフ「プライムグレード」を、自社の熟成庫にて最低28日間以上熟成させたもの。「ピーター・ルーガー」で20年以上シェフをつとめ、ベンジャミンの共同創業者でもあるアーテュロ・マクレッドから指導を受けたシェフたちが、ステーキハウススタイルの調理法で旨味を逃さず焼き上げる上質なビーフの美味しさをたのしめます。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

Empire Steak House Roppongi(六本木)

ジャックとジェフとラスのシナナジ・ブラザーズがマンハッタンに2010年に開業したお店です。彼らも「ピータールーガー」にて、25年以上修業を積んでEmpire Steak Houseを創業しました。全米No1レストランガイド『ザガット・サーベイ』に9年連続掲載されるなど、たくさんあるニューヨークのステーキハウスの中でも確固たる地位を築いています。

USDA(米国農務省)格付け最高位のプライムグレードのブラックアンガスビーフを、専用熟成庫で21~30日間熟成させて旨みが増した肉を厚切りにカット。特注オーブンにて900℃以上で一気に焼き上げるのが、このお店自慢の「ポーターハウス」。本場NYスタイルのステーキです。また、牛の最上位部位「シャトーブリアン」と「サーロイン」が同時に味わえる、「Emperors Steak」も楽しめます。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

ウルフギャング・ステーキハウス(六本木)

ウルフギャング・ステーキハウスは、やはり「ピータールーガー」で1963年~2003年まで40年間ヘッドウェイターとして活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業したお店。こだわりのステーキの美味しさで瞬く間に人気店となりました。現在では、ニューヨークをはじめ、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズにも進出。日本国内1号店である六本木店は、アメリカ国外初出店のお店だそうです。

アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」を、専用熟成庫で長期熟成します。この長期乾燥熟成によって柔らかい食感と旨味が増した肉を厚切りにして、900℃のオーブンで、表面はカリっと香ばしく、中からはジュワッと肉汁がしたたるように焼き上げます。

関連ランキング:ステーキ | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅