FunLifeHack
ライフ

これは欲しい!水上に浮かぶヨット型住宅「Arkup」

子供の頃、夏休みの読書感想文でヨットで単独太平洋横断をした堀江謙一さんの本を読んだことがあります。その本が面白かったので似たような体験記や小説にはまった記憶があります。小さい空間を効率的に使って、時には浸水したり危険も伴うヨットというか船に対する漠然とした憧れを持つようになりました。

今回の記事はそんな実用的なヨットとは対極にあるヨットについてです。

アメリカ・フロリダ州マイアミの企業「Arkup」は、夢のような海上生活を送ることが出来るヨットを開発しました。同社が開発したのは「ARKUP LIVABLE YACHTS」。陸地に建つ家のように快適で安全な海に浮かぶ住居で、湾内を静かに周遊することも、繁華街近くのマリーナに移動して停泊することもできるという家のようなヨットです。

「ARKUP LIVABLE YACHTS」は、エンジンを搭載しており、移動するヨット型住宅として設計されています。 屋根には一面にソーラーパネルが敷き詰められ、雨水をろ過して生活用水に変換するシステムも搭載。エネルギーを自給自足しながら生活できる夢のようなコンセプトになっており、食料さえあれば長期間陸に上がらなくても生活できるようになっています。

悪天候などに備え4本の杭で船体を固定し停泊も可能なので安心とのこと。杭で家を海面から18フィート(約5.5m)ほど高くすることができるので、ハリケーンに襲われても転覆しません。

内装はリビング、キッチン、寝室、バスルームを完備し、ガラス張りの開放的な眺めの中で優雅な暮らしを満喫できます。居住空間の総面積は4350平方フィート(約404平方メートル)で、4つの寝室と4つのバスルームを備えており、最大で8人が生活できます。格納式のスライドデッキがあり、引き出すと455平方フィート(約42平方メートル)ほどの広さになります。

これだけのヨット、お値段はなんと550万ドル(6億円)!とても手が出ません。でもご安心ください。レンタルにも対応しています。こちらのお値段1日3745ドル(約40万円)、3日なら1万1770ドル(約127万円)。ラグジュアリーなヨットで夢のような生活はやはり夢なんですかね。