FunLifeHack
おもしろ話

超高級車メーカーのブガッティが発売したビリヤード台 やはり超高級

当メディアではこれまでに、ティファニーの麻雀牌バリオモービル社のキャンピングカーKross Studioのコレクターズウォッチなど、下々の方には手が出ない製品をご紹介してきましたが、今回もそのシリーズです。

シロンやヴェイロンと言った数億円もする高級車メーカーとで知られるブガッティは、先日、30万ドル(約3,300万円)の高級ビリヤード台を発表しました。このビリヤード台、高級なだけでなく、世界初の機能をもっているのです。

世の中にはお金で買えないものがいくつかありますが、ヨット上でのビリヤードもその一つでした。これまでは、船の揺れを吸収して水平を保つことが可能なビリヤード台は存在しませんでした。しかし、ブガッティ社がセルフレベリング機能付きのプールテーブルを開発したことで、世の富裕層たちは大型のヨットでビリヤードを楽しむことができるようになりました。高度なジャイロ技術を採用し、どのような状況下でも完全に水平を保つことが出来るため、ヨット上でも使用することができます。

 ブガッティのプレスリリースによると、ヨットに設置する場合、「オプションのサーボ駆動システムでは、ジャイロセンサーによってテーブルを水平にします。テーブルの各脚は船の動きに合わせて動き、完全な水平を保つことができます。このシステムはわずか5ミリ秒で、振動することなく完全に無音で調整をします。」と謳っています。

このビリヤード台は、カーボンファイバー製品の製造を専門とするIXO社の協力を得て、同社のLifestyle Collectionの一部として製作された限定品です。このテーブルはすべてカーボンファイバーで仕上げられており、フレームはアルミニウムとチタンの削り出しで作られています。

ブガッティが製作を予定しているのはわずか30台。台の他に、カーボンファイバー製のプールキュー、13インチのタッチスクリーンを備えた壁掛け式キューサポート、調光可能なLEDシーリングライト、その他のアクセサリーが付属しています。また、30万ドルという高額な価格には、製作過程で撮影された写真や動画が保存されたUSBドライブも含まれています。

世界で最も高価であろうこのビリヤード台は制作に手間がかかるため、2021年末までにわずか5台しか生産できないそうです。Mail Onlineによると、すでにアブダビ首長のSheik Khalifa bin Zayed Al Nahyan氏は、5億ドルのヨット「Azzam」用に購入の検討をしている可能性があるそうです。

ヨットも縁が無ければ、ビリヤード台も手が届きそうにありません。売り切れてしまっても全く差し支えは無いのが悲しいところです。