FunLifeHack
おもしろ話

数秘術を使って新型コロナウイルスを抑制? in インド

新型コロナウイルスの広がり始めてから、もう1年半ちかくになります。世界中の科学者がSARS-CoV-2ウイルスの蔓延を抑えるために奮闘していますが、なかなか終息する気配はありません。特にインドでは変異種が猛威を振るっています。あるインドの数秘術師が、新型コロナウイルスを表す単語のスペルを変更するだけで、このパンデミックから世界を救うことができると信じて活動をしています。

数秘術(すうひじゅつ、英: Numerology)とは、西洋占星術や易学等と並ぶ「占術」の一つで、その創始者はピタゴラスの定理で有名なピタゴラスとも言われているものです。インドのアーンドラ・プラデーシュ州のアナンタプラムに住む速記者で数秘術師でもあるSV Annandd Rao氏は、新型コロナウイルスを表す「covid」と「corona」のスペルを変更するだけで、インドに限らず世界中のコロナウイルスが治ると信じているそうです。彼の説明によると、これらの単語の現在のスペルに対応する数字があり、その数字が非常に危険な数字となっているため、世界中を苦しめている、というのです。ところが、スペルを変更するだけで、危険な数字を有益な数字に変えることができ、そうすれば万事解決するというのです…。

「既存の名前「corona」は危険な数になり、全世界に想像を絶する荒廃を引き起こします」とRao氏はタイムズオブインディアに語っています。 「しかし、スペルを神の力で満たすことで、ウイルスが完全に消滅するオーラが生まれます。「corona」を「coronaa」に、「Covid-19」を「Covviyd-19」に変更することで、このメリットを得ることができます。」

数秘術を実践しており、幸運のために自分の名前に「n」と「d」を追加しているRao氏は、世界からパンデミックをなくすために、変更したスペルの使用を広めようにバナーを作成しました。

「もしあなたが「CARONAA」と「COVVIYD-19」のバナーをドアや公共の場所に貼るか、こすべての公共の場所に結ぶなどして使用すれば、CARONAAはアナンタプラムからだけでなく、世界からも消滅します」とバナーには書かれています。

「これは、数秘術の神の力であり、保証されています」と、提案するラオ氏は眉を上げて満面の笑顔を見せています。

このニュースを読んだ人の中には、「政治家全員のスペルを変えて、この国に幸運が訪れるかどうか試してみよう」というコメントもありました。また、「最近はどこでもコメディーを見つけることができる。」とツイートしている人もいます。「騙されやすい人々に漂白剤をCovid-19の治療薬として売るよりはましだ。」という意見もあるようです。