FunLifeHack
おもしろ話

遺産5億円を相続したセレブ犬ルルのお話

アメリカのテネシー州ナッシュビルに暮らしている8歳になる犬のボーダーコリー、ルルのお話です。

ルルは飼い主のビル・ドリスさんにとても可愛がられていましたが、そのドリスさんが去年亡くなってしまいました。しかし遺言が残されており、飼い主の遺産はすべてルルに相続されることになったのです。

ルルはナッシュビルの家の外で番犬していますが、実はルル自身で警備員を雇うほどお金を持っているのです。ルルは玄関のドアを守っているのは、やらされているのではなく、自分の意志でやっているのです。

ルルにはお世話をしてくれる人がおり、マーサ・バートンと言います。88歳のバートンさんがルルの世話をしているのは友人だったビルさんの遺言にバートンさんにルルの世話をしてほしいと書いてあったためです。ビルさんは生前から外出中するときはバートンさんにルルの世話をお願いしていたのです。

ビルさんは不動産の事業で成功を収めましたが、結婚をしておらず親族もいなかったため、その莫大な財産を相続する人がなく、愛犬のルルに相続するよう遺言を残したのです。

遺言には次のように書かれていました。「ボーダーコリーのルルの世話をするために、私の死後、5,000,000ドルが信託に送金されます。このお金はルルが必要とすることに使われます。そしてその犬の所有権はマーサ・バートンさんに移されます。」

なんと5億円を超える遺産をルルは相続したのです。

「本当のことを言うと、どう考えたらいいのかわかりません。ただ彼は犬が大好きだったのです。」とバートン氏は語っています。

残された不動産は現在確認中で、どれだけの価値があるかは正確には明らかではありません。ビルさんの友人によると彼は不動産を所有しているだけでなくと投資も行っていたと言います。バートンさんはそれらについては何も知りません。彼女が知っていることは、ルルが幸せでビルさんから愛されていたということです。

純金のドッグボウルやダイヤモンドがちりばめられた首輪を購入する予定はありません。ビルさんの意志は、バートンさんが合理的と思う毎月の費用が払い戻されるとなっています。

バートンさんは500万ドルものお金を使い切る方法がないことを知っています。しかし彼女は「まあ、やってみますよ。」と笑顔で言います。

現在8歳になるルルがいつか亡くなったとき、残されたお金がどうなるかは明らかではありません。