FunLifeHack
アート

ドリュー・ブレアの描くエアブラシ絵画 写真と区別がつかない程の超リアル

写真と全くと言っていいほど区別がつかない超リアルな肖像画を描く、アメリカのサウスカロライナ州を拠点に活動しているアーティストのドリュー・ブレア(Dru Blair)氏がエアブラシで描く作品は一見の価値があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

ドリュー・ブレア氏は、サウスカロライナ大学の修士課程でエアブラシを初めて使い始めたそうです。そして、サウスカロライナ州にあるマートルビーチで、エアブラシを使ったTシャツペインティングの仕事に就いていたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

その後、フリーランスのイラストレーターとしていくつかの広告代理店で働き、多くの小説の表紙を描いた後、フォトリアリズム、だまし絵のイリュージョニズム、フェイクフィニッシュ、色彩理論などのテクニックに興味を持つようになったと言います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

今日、彼は非常に精緻なエアブラシを使った絵画を制作しています。その傍らで、「School of Realism」と名付けられたアートスクールを開催し、彼のテクニックに関心を持つ他のアーティストたちにその秘訣を教えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

彼が新作を投稿するインスタグラムアカウントは7.2万人以上のフォロワーが付いており、その人気ぶりが判ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dru Blair(@dru_blair)がシェアした投稿