FunLifeHack
ライフ

象のフンで新型コロナ治療? in ナミビア

ナミビア政府は、象のフンによって新型コロナウイルス(Covid-19)を治療できるというSNSで拡散している情報を信用しないよう市民に警告しました。

環境森林省のスポークスマンであるロミオ・ムユンダ(Romeo Muyunda)氏は、「ナミビア政府はSNS上で象のフンが新型コロナウイルスの治療法として有効であると宣伝されていることを確認した」と発表しました。

「象のフンを法外な値段で売っている人々がSNS上で見られた。それをめぐって大々的な宣伝が行われている」と彼は言っています。

カルンビ・シャングラ(Kalumbi Shangula)保健相は、新型コロナウイルスには現在のところ既知の治療法はないと発表しています。「誰かがそのように主張するならば、それは虚偽の主張として扱われなければならない」と彼はナミビアの新聞に言っています。

一部の伝統的治療者の間では、象のフンには頭痛、歯痛、副鼻腔の閉塞などの治癒特性があると言われているそうですが、新型コロナウイルスを治療できるとの主張は新しいトレンドです。

南西アフリカの国々は、当初コロナウイルスの蔓延を封じ込めたことで称賛を勝ち取りましたが、今では感染拡大が見られています。

同国の最近の公式集計によると、その首都ウィントフックは、ウイルスの発端地の港町ウォルビスベイを追い抜いており、4,344例が確認され36例が死亡しています。