FunLifeHack
おもしろ話

中国に伝わるカンフー 鉄股功のトレーニングが壮絶!

中国にはまだ知られていない武術がたくさんあるようです。その中には一見奇妙に見えるものもあります。65歳になる功夫(カンフー)の達人は、丸太を股間に打ちつけることで、大切な部分の抵抗力を高める「鉄股功」と呼ばれる古式拳法のトレーニングを欠かしません。

ワン・リウタイ(Wang Liutai)氏は、中国の古都 洛陽の郊外にある軍頓村の武道博物館の学芸員です。彼は功夫の達人でもあるのですが、カンフー映画で観る達人のようなイメージはしないほうが良いでしょう。ワン氏は「鉄股功」として呼ばれるJuntun村に伝わる珍しい功夫を専門としているのです。鉄股功のトレーニングは、気功呼吸法を使って自分自身を鍛えながら、長さ2メートル、重さ40kgもある丸太を股間にまっすぐに打ち当てるのです。

ワン氏は、50年にわたってを鉄股功の鍛錬を続けています。正しく行われれば、このカンフーの技術は身体を傷つけることはなく、生殖能力にも影響を与えないと主張しており、二人の子供を持つワン氏はそれを証明したことになるのかもしれません。

この技は、人体の弱点への打撃に対抗するために軍頓村で考案された多くの技の一つに過ぎません。鉄股の他にも、鉄喉、鉄頭、鉄胸、鉄背などがあります。そのうち鉄股は間違いなく最も稀な技術で、村で鍛錬しているのは5人だけです。

鉄股功が途絶えてしまわないようにと願う若者と一緒に、軍頓村の師匠は見た目にもインパクトのある「振り子式の丸太」のトレーニング器具を考案しました。以前はお互いに股間を攻撃し合ったり、自分自身でレンガや棒で股間を殴ったりして練習していたのです。

鉄股功は、奥義を教えることができる達人の指導の下、成人男性にのみが練習することができる、とワン氏は言っています。 適切な知識や指導無しに練習をすれば、重大な怪我を引き起こし、生涯にわたって悪影響を与える可能性があります。

鉄股功は、一般の人の興味をそそるかもしれません。しかし、中国のメディア「ThePaper」が指摘しているように、大きな問題点があるように思えます。ほとんどの武術は、護身のためや運動として有効ですが、鉄股功はあなたの股間を非常に打たれ強くしているだけなのです…。