FunLifeHack
おもしろ話

マフィア 救急車のサイレンを止めるよう脅迫 理由はパトカーと間違えるから

イタリア・ナポリのマフィアのメンバーが、救急車のサイレンを使用するのをやめるように救急隊員を脅迫するという事件が複数回発生しネット上で話題になっています。脅迫した理由は、「救急サイレンの音が警察サイレンと非常に似ているため彼らの「ビジネス」の妨害になるから」だそうです。

ナポリの救急隊員は、救急車のサイレンと回転灯を使うと、武装したマフィアによって脅迫・暴行されるという事件が複数発生したことを受けて、警察に護衛を求めています。どうやら、救急車で使用しているこれらの緊急信号は警察が使用する緊急信号と非常に似ており、麻薬売人がパトカーと勘違いして「仕事」が妨害される、彼らの「顧客」を怖がらせる、というのが脅迫している理由のようです。実は、このような事件は何年も前から報告されいるそうですが、最近は新型コロナの危機により、問題が深刻化していると言います。

被害にあった救急車の運転手がイタリアのメディアに語ったところによると、サイレンを鳴らしながら運転していたところ、バイクに乗った二人組の男に囲まれているのに気付き、そのうちの一人が救急車の窓を叩いて、「ここでサイレンは使えないのが分からないのか?消さないと撃つぞ」と脅されたと言います。この運転手は警察に電話して安全に近隣を運転できるよう頼んだそうです。

救急医であり医療従事者への暴力と闘う団体の地元支部長であるマヌエル・ルッジェーロ氏は、ナポリにはマフィアの報復を恐れて救急車がサイレンや信号機を使用できない地域があることを知っています。

「私たちはすでに、サニタやトライアーノなどのエリアではサイレンを使用しないように命じられています。救急車はそのエリアを離れてからサイレンを鳴らし始めます」とルッジェーロ氏は語っています。

地元の政治家は、マフィアとの戦いを優先事項にするよう政府に要請し、救急隊員らの保護措置を求めています。