FunLifeHack
フード

クラフトビールDD4Dが黒船来航ビールを発売 ペリー子孫とコラボ

愛媛を拠点としているクラフトビールDD4D BREWINGは、黒船来航ビール「THE COMMODORE AND THE KITSUNE」を発売することになりました。このビールは、ペリー提督の子孫がアメリカで経営しているDouble Nickel Brewingとのコラボレーションで製造されるとのことです。

ペリー提督が黒船艦隊を率いて浦賀に来航したのは1853年6月3日。その子孫であるドリュー・ペリー(Drew Perry)氏はアメリカのニュージャージー州でクラフトビール醸造所Double Nickel Brewingを創業し、自身も醸造長としてビール製造をしています。

彼と親睦のあるマイケル・ダナヒュー(Michael Donohue)氏は愛媛県にあるDD4D BREWINGの醸造長として働いており、その繋がりで両社のコラボが実現。数量限定で黒船来航ビール「THE COMMODORE AND THE KITSUNE」を日米両国で発売することになりました。

 

発売するTHE COMMODORE AND THE KITSUNEは、黒ビールのドライインペリアルスタウト。杉と一緒に丁寧に熟成することで得られた、ロースト香と杉の香りが合わさった爽やかなアロマを楽しめると言います。藻塩のアクセントによってほのかに甘味が引き出され、強い苦みと度数の割に飲みやすくシルキーな口当たり。プルーン、ブランデーのような複雑な余韻も楽しめそうです。アルコール度数は11%。

5月21日より、DD4D BREWING & CLOTHING STOREの通販サイトにて販売が開始れされます。