FunLifeHack
アート

Loe Leeの描くニューヨークを闊歩するモンスターの絵が温かい

ニューヨークを拠点に活動しているアーティストLoe Leeさんの温かみのあるモンスターを描いた作品が注目を集めています。

パステルカラーの毛皮や羽毛を身にまとい、にこやかに笑うフレンドリーなモンスターたちが、ニューヨークの街を闊歩しています。この陽気なキャラクターたちは、中国系アメリカ人のイラストレーターであるLoe Leeさんが制作した「Creatures of Hope」シリーズの一部で、街の写真に愉快なキャラクターたちが上手く融合しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loe Lee(@byloelee)がシェアした投稿

このプロジェクトは、昨年の新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われたニューヨークが見せた強靭さと粘り強さからインスピレーションを得て生まれたそうです。「生粋のニューヨーカーである私は、昨年のパンデミックの際、ニューヨークが大きな損失と混乱に見舞われるのを目の当たりにし、胸が張り裂けそうになりました。しかし、そんな中でも、人々が揺るぎない回復力を持って努力している姿を目の当たりにしました。」とLoeさんは語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loe Lee(@byloelee)がシェアした投稿

「Creatures of Hope」は、グラフィックデザイン、イラストレーション、写真、ファインアートの分野で優れた作品を紹介する国際コンテストCreative Quarterly 62の準グランプリに選ばれ、今年のLinkNYCで展示されることになっています。

また、彼女はChinatown NYCと協力して、彼女が生まれ育った地域に魔法と喜びに満ちた壁画を描いています。パンデミックの発生以来、チャイナタウンへの交通量の減少やアジア人に対する暴力を受けて、このエリアの安全性を高め、再び人々を呼び戻すことを目的としています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loe Lee(@byloelee)がシェアした投稿

リーのショップでは、この巨大な生き物のプリントやポストカード、ステッカーなどを販売しており、InstagramやBehanceで街中での彼らの最新の冒険を見ることができます。(via Creative Boom)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loe Lee(@byloelee)がシェアした投稿

グラフィックデザイン、イラストレーション、写真、ファインアートの分野で優れた作品を紹介する国際コンテスト