FunLifeHack
ライフ

メルセデスAMGとシャオミがコラボした電動キックボードがクール

中国の総合家電メーカーであるXiaomi(シャオミ)から電動キックボード「Mi Electric Scooter Pro 2」が発売されることになりました。このキックボード、メルセデスAMGペトロナスとコラボして「Mercedes-AMG Petronas F1 Team Edition」を公式に謳っているのです。

単なる「Mi Electric Scooter Pro 2」としては、昨年7月に販売を開始していましたが、今回はメジャーF1チームである「Mercedes-AMG Petronas」とのコラボが実現しました。フレームにはメルセデスのロゴマークが輝いており、ダイムラーのブランドメッセージ「The Best or Nothing」も見ることが出来ます。

単なる動力付きキックボードかと思いきや、スマホとも連動して管理できるようになっており、さすがスマートフォンメーカーのXiaomと言ったところです。専用アプリを使用してBluetooth経由でキックボードに接続、ロック/アンロックや走行データ(走行距離、速度、バッテリー残量など)を監視することができます。また、ファームウェアのアップグレードを通じて、新機能が追加されたりすることもあるそうです。

※画面は「「Mi Electric Scooter Pro 2」用のものです。

LCDスクリーンのコントロールパネルも標準装備されており、走行モードや走行スピードの変更、ライト類の操作なども簡単に出来るようになっています。

最高時速は25km、フル充電で45kmの連続走行が可能になっています。パワフルモードを使えば最大勾配20%の急こう配でも登れるパワーを持っているようです。

気になるお値段は約10万1500円(799ユーロ)。10万円ちょっとでメルセデスのオーナーになれると思えば安いものです。

日本では法規制の問題もあってなかなか普及しませんが、こういったおしゃれなデバイスが出てくれば利用したいと言う人も増えて来るかもしれませんね。