FunLifeHack
エンタメ

めるるこだわりのヘアケアグッズをご紹介

モデルやタレントとして活躍しているめるること生見愛瑠さんといえば、美しい髪がトレードマークですよね。
そんなめるるのこだわりのヘアケア時間はなんと約2時間。
一般的な女性の平均時間が40.9分(トレンド総研調べ)ということで、比較すると3倍近く時間をかけていることになります。

そんなめるるのこだわりヘアケアグッズをご紹介します。

7つのヘアケアルーティン

めるるのお風呂上がりのヘアケアルーティンは以下の7つになるそうです。

  1. ミストヘアオイル
  2. 粗めのクシ
  3. ドライヤー
  4. オイルサンド
  5. ブラッシング
  6. 後ろ髪用のクシ
  7. 前髪用のクシ
  8. 番外編 ホテルのアメニティー

ではそれぞれについて詳しく見てみましょう。

1.ミストヘアオイル オージュア クエンチ ミスト(サロン専売品)2200円

最初に濡れている髪にオージュア クエンチ ミストのヘアオイルを毛先を中心に使います。

こちらはサロン専売店のため、お近くの美容室で取り扱いがあるか確認してみて下さい。https://www.milbon.co.jp/app/webroot/salonsearch/brand1/?brand=aujua

定価より高くなりますが、楽天でも購入可能のようです。

2.パドルブラシ 3740円

濡れている髪なので、最初に使うクシとしては、粗めのブラシを使って髪をほどいているそうです。

めるるの愛用品と同じものでありませんが、パドルブラシといえばアヴェダが有名です。

 

3.レプロナイザー4D Plus  57200円

プロも使っているドライヤーで髪を乾かしていきます。
この時のポイントは上から下に向けてドライヤーの風を当てること。
下から上にドライヤーを当てると髪がボサっとなってしまうからです。
これで約20分かけて髪の毛をしっかり乾かしていきます。

ちなみにこちらのドライヤー、前のタイプになりますが管理人も使っています。
ドライヤーの風力が強いので、短時間で髪を乾かすことができます。
難点はお値段がちょっと高めのこと、大きくて重いのでドライヤーをかけていると腕が疲れるのと、大きいため旅行など外に持ち出しにくいこと。
それ以外は大満足のドライヤーです。

https://bioprogramming-club.jp/collection/repronizer4dplus

ちなみにめるるは外出に別のドライヤーを持ち歩いているそう。
それがホリスティックキュア ドライヤー Rp 33000円と思われます。

 

4.N.シアオイル 2860円

ドライヤーの前にオイルを使いましたが、ドライヤーの後も再度、オイルを使います。
オイルサンドすることで

ちなみにオイルはその日のコンディションによって使い分けているとか。
この日、使ったオイルはN.シアオイル。さっぱりしているオイルなので軽く仕上げたいときに使うそうです。

毛先にもしっかり揉み込んで使うのがポイント。

5.センシティブ ブリッスル ダーク・ルビー 18700円

ヘアオイルによってクシも使い分けるめるる。
メイソンピアソンはクシ界のロールスロイスと呼ばれているイギリス伝統の最高級猪毛を使っているクシになります。
熟練の職人が一本一本手作業で作っている最高級のブラシになります。
猪の毛には適度な水分と油分が含まれているため、クシ通りが良く傷みやすい髪質の方にオススメなのだそう。

6.ビュリー アセテート コームブラシ 7370円

さらに3本目のブラシとして、ビュリーアセテートコームブラシを使用して細かい絡みをほぐすのだそう。

7.K24GP ツキゴールド 11000円

前髪には静電気を抑えるこちらのクシを使用しているのだそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOVE CHROME (ラブクロム) K24GPシリーズ TSUKI GOLD / ツキ ゴールド
価格:11000円(税込、送料無料) (2021/4/17時点)

番外編 ホテルのアメニティ

外に持ち歩いているのはホテルに置いてあるクシとブラシが一体型になったタイプ。
めるるはホテルに置いてあると、全部持ち帰るとか。

美しい髪の裏にはこんなこだわりのヘアケアがあったのですね。