FunLifeHack
ライフ

ベジサラ舎すこやか食堂 野菜にこだわるオーナー中本千絵さん 

織物の町として知られる京都西陣に一軒の人気の八百屋さん兼食堂があります。その名も「ベジサラ舎すこやか食堂」。2018年のオープン以来、地元の人を中心に人気になっています。

ベジサラ舎のオーナーが中本千絵さん。もともと新聞社に勤めていたそうですが、出産を機に退職。料理が得意だったこともあって自宅で料理教室を開催するようになったといいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベジサラ舎(@vejisara.sha)がシェアした投稿

ある時、滋賀県の道の駅でミニトマトを食べた中本さんはその美味しさに驚いたそうです。それをきっかけに生産者さんを訪ねるなどしているうちに、八百屋を始めることにしたそうです。

ベジサラ舎では、無農薬や有機肥料で栽培されたこだわりの野菜を、滋賀県を中心にした30軒の農家さんから仕入れているそうです。どの農家さんも中本さんが実際に脚を運んで信頼関係を気づいているといいます。生産者の顔が見える新鮮な野菜は、料理人だけでなく、子育て中のお母さんや食の安心・安全に意識の高い人々の間で口コミで広がり人気になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベジサラ舎(@vejisara.sha)がシェアした投稿

2020年7月には、八百屋の奥のスペースを利用した「すこやか食堂」をスタートさせました。ベジサラ舎で取り扱っているこだわりのの野菜を使った野菜たっぷりのランチや手作りのスイーツを出しています。料理教室を営んでいた経験と「美味しいのにB級品となってしまった野菜を活用したい」という八百屋を始めてからの悩みが、食堂をオープンした動機になったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベジサラ舎(@vejisara.sha)がシェアした投稿

ベジサラ舎の看板メニューとも言える「すこやかセット」は、季節の野菜を中心に一汁三菜で組み立てられた野菜たっぷりの色鮮やかな定食です。夏になるとベジサラ舎おススメの果物や野菜をつかったベジかき氷も提供されます。シロップだけのかき氷ではなく、オーガニックの果物などをたっぷり使ったボリュームのある一品も大人気になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ベジサラ舎(@vejisara.sha)がシェアした投稿

関連ランキング:定食・食堂 | 鞍馬口駅今出川駅北野白梅町駅