FunLifeHack
ライフ

女性に人気の3COINSで働く商品部の岡田幸子の仕事とは

300円グッズを中心に販売する女性に人気の「3COINS」。
3COINSで商品部のバイヤーリーダーを務める岡田幸子さん(40歳)についてご紹介します。

岡田幸子さんが3COINSで働き始めたきっかけ

岡田さんは大学時代、カウンセラーを目指して心理学を専攻していました。
心理学の勉強は心理テストや絵から何かが分かる……というようなものを想像していたそうなのですが、実際はそうではなく、統計学を元に考えていく理論的な内容が多かったそうです。
岡田さんは自分が思っていた心理学とは違った勉強に苦戦してしまい、将来の職業として続けることに違和感を感じてしまいました。
そのため、これと言ってやりたいことが見つからず、就職先が決まらないまま大学を卒業しました。
雑貨を見たり買ったりするのが好き、ということで何となく3COINSでのアルバイトを始めました。
ところが3年目には店長を務めるようになり、正社員として働くことになります。
その後、7年目の30歳の時に商品部で靴下のバイヤーに抜擢されます。
「目の前の求められたことに対して、頑張れるならやってみよう」という思いで、バイヤーの仕事に打ち込んできた岡田さん。
バイヤーを始めて3年後には商品部のリーダーになり、実際に仕入れを行う11人のバイヤーを束ねるリーダーとなり現在に至ります。

岡田さんのお仕事バイヤーとは?

岡田さんのお仕事は、3COINSで販売する年間の商品計画の組立てと商品企画を行っています。
その他にリーダーとして部下の指導や進行状況の確認なども行います。

商品計画は前年の販売実績をもとに、大体6カ月〜1年先までの強化アイテムやテーマを決めているそうです。

また、週に1回は店舗に足を運んで、売り場のチェックや商品チェック、店舗責任者へのヒアリングをしているそうです。
売り場や商品のチェックでは、強化アイテムや強化テーマなどの商品展開についての指示がしっかりと反映されているか、実際に店頭に並んだときにアイテム構成やパッケージデザインは適正だったかなど、クオリティに問題がないかなどを確認しています。

その他、年に4~6回程度海外出張に行き、ハロウィーンやクリスマスなどの企画のテーマに沿った商品の仕入れを行っています。

3COINSは、キッチン雑貨をはじめ、アクセサリーやインテリア、服飾小物などを取り扱っています。
毎週、新アイテムが投入されるので、お店を訪れる度に新しいアイテムに出会うことができます。
こう言った3COINSオリジナルアイテムの開発に取り組むのが岡田さん達のお仕事になります。