FunLifeHack
フード

東京でパンツェロッティが食べれるお店 包み揚げピザが美味い!

もはや日本の食事になくてはならないイタリア料理ですが、イタリアには美味しいのにまだ日本ではあまり知られていないものもあるようです。さすが歴史の長いイタリア料理といった感じがしますね。そんな料理の一つ、パンツェロッティ(Panzerotti)はご存じでしょうか?

パンツェロッティってなんだ?

パンツェロッティとは、イタリアが発祥の半月状の形をした「包み揚げピッツァ」のことです。チーズとトマトソースなどの具材を小麦粉の生地で包んで揚げて作ります。揚げあがるとパリッ、サクッとした生地の中からトロトロのトマトソースとチーズが出てきます。日本ではまだ聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、イタリアでは家庭料理のような存在です。

パンツェロッティは両面が生地で包まれており、その形状から片手で食べることができるため、イタリアではファーストフードとしても親しまれている人気の料理なんです。

ちなみによく似た形の包み焼きのピッツァ「カルツォーネ」がありますが、こちらは揚げるのではなく、窯で焼いて作っています。

東京でパンツェロッティを食べられるお店

PANZEROTTERIA(パンツェロッテリア)(渋谷)

東京でパンツェロッティと言えばまずはここでしょう。その名もパンツェロッテリア。オーナーの西正博氏は、イタリアの地で25年間を過ごしたという経歴の持ち主で、日本に帰国した2012年にこのお店ををオープンしたそうです。お店にはパンツェロッティだけで40種類を超える品揃えになっています。一番人気のマルゲリータ・フレスカは一度食べる価値があります。

関連ランキング:ピザ | 神泉駅駒場東大前駅渋谷駅

アジト(六本木)

様々なメディアから取り上げられる人気のカジュアルイタリアン「アジト  六本木」。味はもちろんですがコストパフォーマンスの高さも人気の理由です。こちらで食べられるのはマルゲリータのパンツェロッティ。トマト、水牛モッツァレラ、バジルというシンプルな組み合わせです。定番でシンプルですが、安定したその美味しさを楽しんでください。

関連ランキング:イタリアン | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

あめんどろやimo cafe(千駄木)

史上初3大会連続優勝の世界パスタチャンピオン、イタリア料理のマエストロ「マルコ・モリナーリ」と、南薩摩の芋蜜屋「あめんどろや」がコラボレーションし、ピザ生地やソースにさつま芋のパウダーや芋蜜”あめんどろ”を使用したオリジナル・パンツェ ロッティ、略称「あめんどろパン」をいただくことが出来ます。 イートインはもちろんテイクアウトでも楽しめます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yummyfooddrink(@yummyfooddrink)がシェアした投稿

関連ランキング:カフェ | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅