FunLifeHack
おもしろ話

夢のお告げで3400万円の希少な真珠を拾ったタイ人漁師

貝殻の中の真珠を見つけられるだけでも幸運ですが、それが3400万円(33万ドル)以上の価値のある希少なオレンジ色の真珠だったとしたらどうでしょう。タイの漁師の兄弟がそんな幸運に遭遇してネット上で話題を集めています。

Viral Pressによると、ハッチャイさん(37歳)とウォラチャットさん(35歳)の兄弟は、1月27日にタイ湾のナコンシータンマラートの海岸を歩いていたところ、貝が付着したブイが流れついているを見つけました。そこで二人は、後で食べる為にブイから巻貝を3つ取って帰りました。しかし、父親のバンマドさん(60歳)が巻貝を掃除しているときに発見したものは、新鮮な貝とは比較にならないほど価値のあるものだったのです。

貝の中から見つかった真珠はオレンジ色をしており、硬貨くらいの直径で重量7.68グラム。よく真珠が見つかる牡蠣からではなく、サザエのような巻貝から見つかりました。この非常に珍しい真珠は、アジアの海に自生する腹足類で形成され、黄褐色または茶色から希少なオレンジ色などがあり、普通の真珠よりも長い時間かけて形成される珍しい真珠でした。

貧しい漁村出身のハッチャイさんは、彼を宝物に導いたのは運命だったのではないかと考えています。

「白髪の長い口ひげを生やしたおじいさんが、海岸に行けば贈り物がもらえると言いました。彼が真珠を見つけるように導いたのだと思います。」と彼は発見の数日前に見たと言う夢について語りました。

発見して以来、ハッチャイさんは3人の真珠バイヤーからアプローチを受けましたが、うち2人が提示した金額は「真珠を最高の価格で売りたい」と考えるハッチャイを満足させるものではありませんでした。

現在は残り1人の中国系バイヤーと交渉していますが、その提示額はなんと3400万円にもなるそうです。

ハッチャイさんは「お金は私の人生を変えるだけでなく、私の運命を変えるでしょう。私の家族全員がより良い生活を送るでしょう。」と語っています。