FunLifeHack
おもしろ話

キャンドル並べてプロポーズしたら火事に… さて恋人からの返答は?

2週間もかけて綿密にプロポーズ計画をたてたら、返答の内容はさておき何か問題が発生するような事態が起こる可能性は低いと考えるのが普通でしょう。

ヨークシャー州シェフィールドに住む26歳のアルベルト・ヌドリュー(Albert Ndreu)氏は、恋人のヴァレリヤ・マデビッチ(Valerija Madevic)さんにプロポーズをするためにアパートに100個のキャンドルを用意しました。 4時間かけて部屋を準備し、60個の風船を膨らませ、キャンドル全てに火を灯し、すべての準備を完璧に終えました。その後いよいよ恋人を迎えに行きました。 しかし、彼が外出している間にキャンドルから火が燃え広がりアパートが火事になってしまったのです。

Photo : https://www.thesun.co.uk/fabulous/12316517/romantic-proposal-gone-wrong-burns-down-flat-yes/

二人が家に戻った時、ヴァレリヤさんは彼の部屋のドアから煙が渦巻いているのに気づきました。しかし、アルベルト氏は自分の部屋が燃え、背後でサイレンが鳴り響いるにもかかわらず、片膝をついてプロポーズをしたのです。

「私は風船とキャンドルを至るところに置きました。私は彼女を迎えに出掛けなければなりませんでした。うまくいかないことはとても心配していましたが家が燃えることは想像していませんでした。」とアルベルト氏は言います。
「しかし、私たちにとって忘れられない日であり、私たちの子供たちに伝えるべき素晴らしい物語です。」

「これが多すぎる愛や多すぎるキャンドルのようなものがあるかもしれないという他の人への警告として役立つことを願っています。」とアルバートは言います。
「私は2週間以上プロポーズを計画を考えていました。私は特別な瞬間を後に残すためには何をすべきかを悩んだのです。思い通りにいかなったとしても心から何かをやりたかったのです。ヴァレリヤはいつも、毎日のちょっとした仕草が一番大切だと言っていますが、私はプロポーズのために何か特別なことをしたかったのです。最も大切なものである指輪も買って、あとは完璧な日にするだけだったのです。それは思っていた通りにはいきませんでしたが、彼女はイエスと返答してくれました。この一日は予想外の展開でしたが、私が望んでいた通りに終わったと思います。」

Photo : https://metro.co.uk/2020/08/06/boyfriend-writes-marry-candles-romantic-proposal-accidentally-burns-flat-13091097/

その日の様子をヴァレリヤさんが説明しています。アルベルトが仕事場に花を持って迎えに来たことため彼が何かバカなことをしでかしたのではないかと疑ったと言います。「彼から花を受け取ったとき、私は彼が家の中の何かを破壊したに違いないと思いました。」「私たちがフラットへの階段を上っていくと、いたるところに煙が立ち込めていました。私たちの家が火事になっていたので、消防士を呼ぶように彼に言ったのです。本当にひどい状況のように見えたので私は非常にショックを受け、私は震えが出ました。」

しかし、ヴァレリヤはさらに大きなショックを受けました。アルベルトが片膝をついたのです。 「彼はポケットから箱を取り出しました。私は何も言えませんでした。彼は「台無しにしてしまった」と言いい、さらに「結婚してもらえますか」と私に言ったのです。私は「はい」返答しました。」

現在このカップルは、アルベルトのいとこの家に滞在し、保険に関する詳細情報を待っています。 幸いなことに火事ではノートパソコン、スピーカー、数冊の本が燃えただけで済みました。 彼らがフラットに戻れるかはわかりませんが、最も大切なことは彼らが一緒にいることです。

Photo : https://metro.co.uk/2020/08/06/boyfriend-writes-marry-candles-romantic-proposal-accidentally-burns-flat-13091097/

ヴァレリヤさんは「家の中のものは取り換えることができますが、お互いの愛情はできません。 」「私たちは健康では一緒にいることが出来ます。それがすべてです。」 「しかしアルバートは誕生日が近づいていてもろうそくや風船をしばらく禁止されています。」と言っています。