FunLifeHack
アート

Scan the World 有名アート作品の3Dプリントデータが無料公開

ウェブサイト「Scan the World」は、訪問者が傑作と呼ばれるような彫刻や美術品の3Dプリント可能なデータをダウンロード出来るサイトです。

このオープンソースのサイトには、18,000点ものデジタルスキャンデータが保管されており、古代エジプトの「ネフェルティティの胸像」、ロダンの「考える人」、ミケランジェロの「ダビデ像」など、世界中のさまざまな芸術作品はもちろん、チンパンジーの頭蓋骨などと言ったデータまであります。これらのスキャンデータはstl拡張子などになっており、3Dプリンタさえあれば、ダウンロードして3Dプリントすることができます。

「Scan the World」は、コレクション、アーティスト、場所などで検索することができるようになっています。また最近では、2,000以上の機関と提携している「Google Arts and Culture」と協力して、数千点の作品を追加しています。

各ページでは、寸法、複雑さ、印刷にかかる時間などの技術的な詳細に加えて、アーティファクトの歴史や場所に関する情報が共有されています。下にスクロールすると、コミュニティによってアップロードされた完成品の画像も見ることができます。

コレクションの多くは西洋美術を中心としていますが、現在はインドと中国の作品を紹介する2つのセクションを強化をすすめるようです。

「Scan the World」は、3Dプリントの最大のプラットフォームである「My Mini Factory」の一部として運営されており、初心者向けのヒントや、スマホでのスキャン方法、ドローンを使った撮影テクニックなど、幅広いチュートリアルが用意されていますので、ぜひチェックしてみてください。

現在のところ、残念ながら日本語には対応していませんが、データのダウンロードだけだったらそんなに悩まずに出来るのではないでしょうか。