FunLifeHack
おもしろ話

有毒の湖で写真撮影 ロシアでは健康よりも「映え」を優先?

Instagramの人気は日本に限らず世界中で衰えることを知りません。ユーザーは「映える写真」を撮らなければとますますエスカレートしているようです。

ロシアのインスタグラムユーザーは、より魅力的な自撮り写真を求めて、シベリアの都市ノボシビルスク近郊にある湖に集まっているようです。この湖には、鮮やかなターコイズブルーであり、しかも南の島のような白いビーチまであります。ただし、その美しさは自然に出来たものではありません。

「シベリアのモルディブ」あるいは「ノボシビルスクのモルディブ」とも呼ばれるこの美しい湖は、実は近くの石炭工場が灰を投棄するために作られた人工的な有毒廃棄物によって出来た「灰捨て場」なのです。水の色が鮮やかなターコイズブルーになっているのは、水深が深く、カルシウム塩やその他の金属酸化物が溶け込んでいるからだそうです。一見、魅力的に見えますが、シベリア・ジェネレーティング・カンパニー(SGC)によると、この湖のpH値は8以上と高く、人間の皮膚に触れるとアレルギー反応を起こすと警告しています。それにも関わらず、多くの人々が湖のビーチで写真を撮ったり、パドルボードに乗って水上に繰り出したりしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VISÃO(@revista_visao)がシェアした投稿

SGCは、ロシアのSNSの一つVKontakteに投稿した声明の中で、「先週、ノボシビルスクTEZ-5の灰捨て場は、ソーシャルネットワークで注目を集めました。しかし、灰捨て場で泳ぐことはできません。その水は高アルカリ性です。これは、カルシウム塩やその他の金属酸化物が溶け込んでいるためです。このような水に皮膚が触れると、アレルギー反応を起こす可能性があります!」と警告をしています。さらに、湖の底は非常に濁っていて、沖に出ることは「ほとんど不可能」だと付け加えています。最大のリスクは、完璧な自撮りを撮ろうとして、誤って湖に落ちてしまうことだと危惧しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex | Tweezer(@tweezer_nsk)がシェアした投稿

「灰捨て場に沿って歩くことは、軍事射撃場を歩くようなもので、危険で望ましくありません」と公式声明で警告しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FASHION.HR(@fashionhr)がシェアした投稿

石炭火力発電所が「ノボシビルスクのモルディブ」によってもたらされる危険について公式声明を発表する前でも、違和感を感じることは可能だったはずです。 発電所から湖に入る大きな金属管があり、その名称は「異常な灰捨て場」となっています。

しかし、現在の様子を見る限り、人々は危険を気にしていないのか、健康よりもInstagramに載せる写真の方を大切にしているということです。

ある女性はCNNのインタビューに「私たちは湖が有毒であることを知っているので、水に入りませんでした。」と語っています。「湖畔ではピクニックをしている人もいました。ある男性はそこで水浴びもしましたが、これは厳しく禁じられています。」

以前当メディアでも、噴火口に近づいて写真を撮るロシアのインスタグラマーについて記事にしましたが、ロシアのインスタユーザは攻めている人が多いようですね。