FunLifeHack
おもしろ話

さすが中国 道路建設のための立ち退きを拒否した結果…

中国の広東省に新しく開通した高速道路が奇妙な理由でニュースになっています。

中国には「ネイルハウス」と呼ばれる家があります。これは土地の所有者が開発業者からの取り壊し補償を拒否した結果、周囲の開発が進み孤立してしまった家のことです。
新しく開発される住宅団地などで発生することが多いのですが、今日紹介するのは高速道路のド真ん中に取り残されているのです。
中国メディアが公開した映像によると、この物件は広州市に新しく開通した海珠龍橋の4車線あるの道路の中州状に取り残されており、地元の人気スポットとなっています。

家の所有者は梁さん。40平方メートルの平屋の家を所有しています。政府は立ち退き補償として理想的な場所の代替物件を提供せず遺体安置所の近くのアパートを提案したため、どうしても受け入ることが出来なかったと記者団に語っています。周辺の開発地には47人の住宅所有者と7つの企業がありましたが、現在まだそこに住んでいるのは梁さんだけになっています。他の所有者たちは政府の提案を受け入れ、昨年9月までに引っ越したそうです。

「あなたたちはこの環境は良くないと思うでしょうが、私には静かで解放感があり、快適で居心地が良いと感じています 」と梁さんは言います。彼女の頑固さを他人がどう思うかは気にしないとも付け加えました。

香港の報道機関「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、政府は梁さんにいくつかの申し出をしたが、すべて断わられたといいます。最も好条件の提案の一つは、130万元(約2000万円)の金銭補償だけでなく、他の2つのフラットが含まれていました。伝えられるところによると、彼女は4つのフラットと200万元(約3000万円)を要求したそうです。

報道によると、政府は合意に失敗すると、プロジェクトを修正し彼女の家を避けて橋を建築することにしました。しかし、広報担当者によると梁さんとの交渉は今後も継続されると言います。

この奇妙なケースは、ほとんどのソーシャルメディアでは貪欲な女性に対して非難が巻き起こりました。「他の所有者はすでに引っ越しているのだから、それは補償が受け入れられることを示唆している。この家の所有者は、彼女が政府を動かすことができると思っているに違いない 」、「あまりにも欲張りすぎて、結局何も得られないパターン」といったコメントもありました。