FunLifeHack
ライフ

ハリーポッターの映画製作の世界を体験する施設がとしまえん跡地にオープン予定

映画『ハリー・ポッター』の映画撮影の舞台裏を体験するエンターテイメント施設「The Making of Harry Potter(メイキング・オブ ハリー・ポッター)」が、2023年に豊島区のとしまえん跡地にオープンすることが発表されました。

ロンドンには2012年に「The Making of Harry Potter」がすでにオープンしており、人気を集めています。この施設は、「ハリー・ポッター」シリーズを製作した「Warner Bros.(ワーナー・ブラザース)」が、映画撮影の時に実際に使用していたスタジオを改装した体験型エンターテイメント施設。ホグワーツエクスプレス、ホグワーツ魔法魔術学校の大広間、ホグワーツ魔法魔術学校の巨大な模型や、撮影の裏側がわかる小道具に至るまで、いわば、「本物の」ハリーポッターの世界を楽しむことが出来るようになっています。
東京にオープンするのは、世界2つ目となり、正式名称は「Warner Bros. Studio Tour Tokyo – The Making of Harry Potter(ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 – メイキング・オブ ハリー・ポッター)」となるそうです。
としまえん跡地の約30,000㎡にも広大な敷地に、ホグワーツの象徴ともいえる大広間や禁断の森、キングクロス駅の9と4分の3番線のホームなどが再現されるほか、使用された衣装や小道具なども展示、見学の所要時間は半日程度かかるそう。併せてグッズショップもオープンするそうです。

この施設は、乗り物などがあるテーマパークではなく、様々な映画のシーンを実際に体験し、世界中で愛されている原作の世界観がどのようにスクリーンに再現されているのかを間近に楽しむことができる体験するエンターテイメント施設になるそうです。

下の動画はロンドンにある「The Making of Harry Potter」のものですが、こんなイメージになると思われます。ロンドンの施設は、トリップアドバイザーの評価でも人気が高くハリーポッターファンに限らず楽しめるようです。スタジオツアー東京のオープンまで約二年。待ち遠しいですね。