FunLifeHack
おもしろ話

ライブ取材中に強盗被害 一部始終が録画されSNSで拡散

エクアドルのテレビレポーターとカメラクルーの一行は、ライブ取材中にマスクをした強盗に銃を突きつけられるという珍しくも怖ろしい経験しました。その様子はバッチリと録画されておりSNS上で話題となっています。

2月12日、エクアドルのDirecTV Sportsの記者であるディエゴ・オルディノラ氏は、バルセロナSCの本拠地であるイシドロ・ロメロ・カルボ・モニュメンタル・スタジアムの周辺で取材をしていたところ、野球帽にフェイスマスクをかぶった男が近づいてきて、銃を取り出しました。強盗は、クルーに携帯電話を持っているかを聞き、クルーの一人がスマートフォンを渡すとすぐに奪って逃げ出しました。取材陣はこの出来事にはショックを受けたのかすぐには追いかけられません。

「落ち着いて仕事をすることもできない。これは今日の午後1時にエスタディオ・モニュメンタルの外で発生した出来事だ」とディエゴ氏はツイッターで事件の動画をアップしました。

強盗が盗んだ電話機を持って逃げ出して少ししてから、カメラマンたちは強盗の後を追い始めます。そして、道路の反対側をバイクの後ろに乗って逃走する男を見つけその後ろ姿を撮影しています。

この動画はすでにツイッターだけで何十万回も閲覧されており、他のソーシャルネットワークでも拡散され、大きな反響を呼んでいます。