FunLifeHack
おもしろ話

パキスタンの警官が店員を不正逮捕した理由がくだらな過ぎる件

国内外を問わず、警官や役人の賄賂や不正行為が摘発されたというニュースを見る機会はたまにありますが、アホな人間が権力を持つといろいろとおバカな事件がおきるようです。

パキスタンの警察官グループが、同国第二の都市ラホールにあるファストフード店の従業員19人を、警官に無料でハンバーガーを提供することを拒否したために逮捕した、という理由で停職処分を受けた事件が、ネットで話題になっています。

現地の報道によると、先週、パキスタンのラホールにあるファストフード店「Johnny & Jugnu」の従業員は、警察官のグループに無料でハンバーガーを提供することを拒否したため、土曜日の午後8時頃に一斉に逮捕され、一晩拘束されました。従業員は厨房を閉めることも許されず、フライヤーは稼働したまま、注文待ちのお客さんがいる状態で連行されたとされています。Johnny & Jugnuの代表は公式声明の中で、事件の詳細を説明し、警察官に無料でハンバーガーを提供することをスタッフが拒否したことが、この事件の原因だと説明しています。

「Johnny & Jugnu」の関係者はFacebookに「私たちのレストランで、このようなことが起こったのは初めてではありません。」と書いています。「警察官は、いつも通りハンバーガーの無料提供の要求を拒否すると、店のマネージャーを脅してその場を去り、翌日、根拠のない理由で店に嫌がらせと圧力をかけてきました。」そして6月11日に「何人かの警察官が店舗にやってきて、何の理由もなくマネージャーを拘束しました。その後、警官たちは残りのマネージャーを含むキッチンクルー全員も連行したため、店は無人の状態になりました」。

この事件はソーシャルメディア上で論争を巻き起こし、州警察のイナム・ガーニ氏はTwitterに「自分の手で勝手に法を行使することは誰にも許されないことです。不正は許されません。不正に関係した者全員が処罰されることになります。」と発表しました。その後ガーニ氏は、一連の違法逮捕に関わった警官たちを停職処分にしたとツイートしています。

高いものでもないファストフードをたかって拒否されたからわざわざ不当に逮捕するって、なかなかのエネルギーの無駄遣いですね。このエネルギーを使ってまっとうに職務に励めば、たかる必要がないくらいに稼ぐことが出来そうな気がするのですが…。