FunLifeHack
ライフ

助けたハトと親友になったフランスの老人のお話

フランスのブルターニュ地方に住む80歳の男性ザビエル・ブージェさんは2年前のある日、ハトの雛を猫から助けてあげました。それ以来、彼と白いハトのブランションは親友になりました。

2年前のある日、ザビエルさんはブルターニュ半島の先端にある小さな町ゴムネッコにある自宅に帰る途中、巣から落ちたまだ羽毛も生えていないハトの雛が、お腹をすかせた猫から必死に逃げようとしているのを見かけました。その時は助けようとは思わず、家に帰って妻のマリー・フランソワーズにその話をすると、彼女は「どうして拾わなかったの?」と尋ねました。そこで彼は雛を助けに戻りました。幸運なことに小さな鳩の雛はまだ猫に食べられていなかったため、すぐに保護して弱った雛を籠に入れて帰ってきました。

「1ヶ月半の間、1日5回、注射器で餌を与えていました」と、かつてハンターをしていたフランス人の年金生活者は振り返ります。

ザビエルさんは、ブランションが自分の命を救ってくれたことに感謝しているかどうかは分からないと言っていますが、一つだけ確かなことは、ブランションが餌のためだけに彼の側にわけではないということです。ゴムネッコ周辺にはハトの餌になる食べ物はたくさんあり、ブランションはいつでもそこに自由に行くことが出来ます。ブランションは彼と一緒にいることを楽しんでいるのです。

ブランションを肩や頭に乗せて自転車を乗っているザビエルさんの姿は、ゴムネッコではすっかり有名になりました。2人は親友になったのです。ザビエルさんが裏庭で作業をしているとき、ブランションはそばにいて、工具や釘をつついたりしています。彼が庭に水を撒いているとき、ブランションはザビエルさんの肩に乗っています。ザビエルさんが家の中にいるときは、開いた窓から入ってきて食器棚の上をトコトコ歩いたりして、マリー・フランソワーズを困らせています。

ザビエルさんとブランションの話はニュースで取り上げられ、全国的に知られるようになりました。ザビエルさんは取材スタッフから「どうやって鳩を飼いならしたのか」という質問をよく聞かれるそうです。しかし、彼は一度もブランションを飼い慣らそうと思ったことは無かったそうです。彼はある取材にこう答えています。「ブランションを飼い慣らそうとしたことはありません。私が呼べば、彼女は私のところに来る。これは信頼関係なのです。」