FunLifeHack
ライフ

人気料理コラムニスト 山本ゆり氏ってどんな人?こだわりは?

インターネットで料理のレシピを調べていると必ずと言っていいくらい山本ゆりさんの情報が目に入ります。大学生で始めた料理ブログが人気を集め、出版した本も大人気、最近ではSNSでインフルエンサーとしても活躍しています。山本ゆりさんはいったいどんな人物でしょうか?

料理ブログを書くようになった経緯は?

子供の頃から読書好きだった山本さんは、料理本をよく読んでいたそうです。本に出てくるこれまで見たことも食べたこともない料理に夢が広がったのでしょう。小学生のころから料理自体も普通に作っていたと言います。高校になると、部活終りに買い物をして、晩御飯を作るという生活だったそうで、高校のころには晩御飯担当のようになっていたとか。

大学生になると身近にある材料で作れる「簡単なのに美味しいレシピ」を紹介するブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」を始めたといいます。ちなみに、ブログタイトルの「syunkon」は「春魂」、高校時代のバスケットボール部の部旗やTシャツに書いてあった言葉です。春がつく高校名だったそうなので、その高校特有の言葉でしょうか。なぜこの単語をブログ名にしたのかもうまく説明できないと書いていますが、ご自身で「いつまでもこの時毎日必死に頑張っていた気持ちを忘れないようにしたい、いつまでもバスケ部とつながっていたいとかそんなんじゃないかと推測しています」とのことでした。

現在ではブログの読者は35万人を超えるほどの人気になっています。Twitter、Instagramの登録者もそれぞれ約100万とインフルエンサーとしても活躍しています

書籍も大人気

このブログを書籍化したのが、大人気「syunkonカフェごはん」シリーズ。2011年4月に初の料理本を出版して、あっという間にベストセラーになっています。現在までに10冊を数えて、シリーズ書籍総売り上げは累計で700万部を超えるという人気ぶりで。一番売れている料理本シリーズになるそうです。

レシピを作るうえでのこだわりは?

ブログを書き始めた当初から現在まで変わらないこだわりが「どこにでもある材料で、できるだけ安く、誰にでもできる料理」ということだそうです。

卵黄だけたくさん使うなど食材が無駄になりそうなレシピや、普段の料理では使用しないようなマニアックな調味料を使わないようにするなど、読者が作りやすいようなレシピになっているあたりもこだわりを感じさせます。

彼女自身が料理をする上で、「頑張りすぎないこと」「気負いすぎないこと」を大切にしているそうです。その視点があるから読者にも優しく取っつきやすいレシピが多いのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本ゆり(@yamamoto0507)がシェアした投稿

山本さんはどうやってレシピを考えるの?

レシピを考えるのは、カフェの看板を見たり、外食事にメニューを見たり、デパ地下やスーパーのお惣菜売り場を見て考えることも結構あるそうです。
以前はよくレシピ本を見ていたそうですが、最近はほかの人が書いたレシピ本を見てしまうと参考にしてしまうのが怖いため、気軽にレシピを見ることが出来なくなると言う事態になっているとか。
メニューや写真だけなら見た目しかわからないからそれを参考にして、似たようなもので家でも真似できる食材に変えて作るということも多いそうです。