FunLifeHack
おもしろ話

イエメンの悪魔の井戸、人を寄せ付けず前人未踏

これだけ科学が発達した現代。人類は地球上のほとんどの場所に到達していますが、意外なところに未踏の箇所がありました。
アラビア半島の南、イエメン東部マハラ州の砂漠の乾燥した荒野に「悪魔の井戸」と呼ばれる自然に出来た巨大な陥没穴があります。謎と伝承に包まれたこの大きな穴は、地球上で神に最も嫌われている場所とも言われており、だれもその底にたどり着いたことはありません。

現地で「悪魔の井戸」とも呼ばれる「バラフートの井戸(well of barhout)」は、穴の直径30メートル、深さ100〜250メートルと推定されています。誰もその底に降り立ったことはなく、計測もされていない為、深さについてはあくまで推測になるそうです。

過去にはイエメンの科学者や探検家が潜入を試みたそうですが、低酸素と井戸から発せられる異臭のため底に到達することは出来ませんでした。また、地元にはこの井戸にまつわる恐ろしい伝説があるため、地元民は降りようとすることはないそうです。

地元マハラ州の地質調査・鉱物資源局の局長であるサラ・バブヘア氏はAFPに対し、「非常に深い。酸素が少なく、換気もできないため、この井戸の底に到達したことはありません」、「我々は現地を視察に行き、井戸の中に入り、50~60メートル以上の深さまで到達しました。中に奇妙なものがあることに気づいた。何か変な臭いもしました…謎めいた状況です」と語っており、内部の撮影をすることも出来なかったといいます。

地元にはこの穴にまつわる伝承や言い伝えが複数あり、悪魔の牢獄として作られたという話もあれば、いつか悪魔が這い出てきて世界に終焉をもたらす呪われた門だと、いう説もあります。また、古代にこの地を支配していたヒミヤ族の王のために、魔人ジンが深い穴を掘ったという言い伝えも残っています。

勇気を持ってバラフートの井戸に近づいたり降りたりした人たちは、耐え難いほどの悪臭について報告しており、この場所にまつわる超自然的な話に拍車をかけるようです。イエメン人のアマル・ハシェム・モハメド・オスマンという人物は、「地獄の井戸」の近くのキャンプで義務教育の兵役に就いたと書いていますが、その時の臭いは想像を絶するものだったと言っています。

「軍用地に水を供給するために、普通の井戸が掘られていた。しかし、初めてポンプが作動して水を汲み上げると、井戸からタールのような黒い液体が出てきたのです…。耐え難い臭い、卵が腐ったような悪臭がしました。あまりの臭さに吐き気がするほどでした」とオスマンは書いています。「誓って言うが、その水で服や体を洗った後、その臭いで眠ることができませんでした。」

オスマン氏は、この井戸が悪魔の井戸と同じ水源につながっていたと考えていますが、このさらに調査が行われるまでは、明確な解答を出すことは出来ないでしょう。しかし、イエメンは壊滅的な内戦状態にあり、地元の人々はこの場所を調査するどころか、この場所について話すことさえ恐れているため、当面の間は「地獄の井戸」はその神秘性を保ち続けることになりそうです。