FunLifeHack
ライフ

フォルクスワーゲンビートルのフェンダーから作ったカートがカワイイ

フォルクスワーゲンと言われてイメージするのが、いまだにビートルという方も多いのではないでしょうか。ニュービートルも出ていますが、やはり旧型のインパクトと愛嬌にはかなわないようです。

メキシコを拠点とするデザイン会社のアルデカス・スタジオ(Aldekas Studio)は、1930年代に発売されたビートルのフェンダーとヘッドライトを利用した「バグカート ワソフスキー(Bugkart Wasowski)」という名前のカートを発表しました。

やわらかい曲線を描くオリーブグリーンのボディとは対照的な真っ赤なフレームが組み合わされています。クロームのハンドルバーやミラーはオリジナルの車を模したもので、オリジナルが持っているクラシカルな雰囲気を引き継いでいます。テールランプもオリジナルから引き継がれいます。車全体の形はまるで別物になっていても、丸みを帯びたフォルムやヘッドライトなどからビートルっぽさがにじみ出ているのはうれしいところです。

アルデカス・スタジオは、Facebook経由で多くのデザインの提供しています。「フォルクスポッド(Volkspod)」と名付けられた2輪のプロジェクトも展開されており、「バグカート ワソフスキー」と同様にビートルのフェンダーを使用した小型バイクを提供しています。