FunLifeHack
フード

マカロンがキャンバス アンナ・ジロワさんが作る美しいマカロン

ロシア出身のアンナ・ジロワ(Anna Zhirova)さんはフードアートを独学で学んだ後、マカロンに手描きで絵を描くフードアーティストとして、ユニークな作品を制作しています。

建築家でもあるアンナさんは、ふとした時にマカロンに手描きの絵を描くことを思いつきました。彼女は物心ついたときから絵を描くことが好きでしたが、小さなお菓子をデコレーションして「デザイナーズマカロン」を作るというアイデアは、とても面白いものに感じました。


それ以来、アンナさんは研究・工夫を重ねた結果、自分のアートに理想的な「キャンバス」を焼くテクニックと、使用する食べられる「絵具」の組み合わせを見つけました。


マカロンは伝統的にさまざまな色があります。アンナさんが使用するマカロンは、彼女の考えたデザインと調和するように白い砂糖でコーティングがほどこされています。その上に花や動物、風景などをモチーフにした絵を一つ一つ手で描いていきます。彼女が次のデザインを決めるとき彼女のあらゆる身の回りや人生のすべてからインスピレーションを得ています。

実際に絵を描いていくときは、下書きなどは一切せず、直接モチーフを描いていきます。様々な色の染料を使用し、濃淡をつけながら何度も色を重ねていく様子は本物の絵画を描いていく方法とまったく同じです。

友人や家族から「マカロンサ」と呼ばれているアンナさんは、デコレーションされた彼女の美しい作品の写真をインスタグラムに投稿しています。