FunLifeHack
ライフ

ウェディングの撮影中に発生したベイルート爆発事故の動画

8月4日ベイルートはよく晴れており、結婚式写真家であるマハムド・ナキブ(Mahmoud Nakib)氏は、ウェディング撮影で花嫁の写真撮影をしていました。花嫁は人生の最も幸せな日のためにベイルートの街中でビデオ撮影用にポーズをとっています。その直後、突然ウェディングドレスの彼女は吹き飛ばされてしまいます。カメラマンも衝撃波で立っていられなくなります。写真撮影が行われていた広場は、爆発の中心地から1.2㎞の距離にありました。

28秒程度の短い動画ですが、いかに爆発がすごかったかが伝わってきます。爆心地から1.2㎞離れていたにもかかわらず、広場の椅子やテーブルは吹き飛ばされ、道路にも物が散乱している状態になっています。

このウェディングドレス姿の女性は29歳のレバノン人花嫁イスラ・セブラニ(Israa Seblani )さん。彼女と夫、34歳のスベイ(Subeih)さんは、この恐怖の出来事を理解できませんでした。

Image credits: Mahmoud Nakib

彼女は2週間前から大切な日の準備をしていました。最終的に結婚することができてとても幸せだったとガーディアン紙に語っています。一方、夫のスベイさんは、「何が起こったのかを説明する言葉がない」「非常にショックだ。何が起こったのか。私は死ぬのだろうか?」と語っています。二人はまだショックを受けおり「このような爆発音は聞いたことがない」と言っています。

Image credits: Mahmoud Nakib

幸い、新婦とカメラマンにケガはありませんでした。爆発の後、新婚夫婦は気を取り直して祝賀会を進めようとしました。

Image credits: Mahmoud Nakib

レバノンの保健相によると、この爆発で少なくとも135人が死亡、50000人が負傷し、30万人以上が家を失ったとしています。当局は大惨事の原因を調査しており、現在までのところ保管されていた2,450トンの硝酸アンモニウムが爆発したのではないかとと考えられています。

元記事:https://www.boredpanda.com/beirut-explosion-wedding-photo-shoot-mahmoud-nakib/