FunLifeHack
おもしろ話

お酒でソフトクリームを作れるマシン「Below Zero」誕生

アメリカの発明家が作り出した「Below Zero」というアイスクリーム・マシンは、独自の技術でアルコールを凍らせることにより、ビールやカクテル、スピリッツに至るまで好きなお酒をソフトクリームに作り変えるといる夢のようなマシンです。

リキュールの風味がついたアイスクリームはたくさんありますが、アイスクリームで酔うことは今まで出来ませんでした。それと言うのも、アルコール飲料の主成分はエタノールであり、エタノールが氷に変わる凝固点は-114.5℃。アルコール度数が高いと凍りづらいのです。

しかし、イリノイ州ヒンクリーにあるWDS Dessert Stationsの発明者兼オーナーであるウィル・ロジャース氏のおかげで、お酒のアイスで酔っぱらうという夢が現実になりました。アイスクリームショップを経営するロジャース氏は、カフェイン濃度の高いエスプレッソアイスクリームのフレーバーを作ろうとしていた時に、アルコール飲料にも同じ手法が使えることに気付きました。

アイスクリーム業界で一般的に使用されているガムや安定剤を使って実験を始め、最終的に「NEAゲル」とゲルを発明し特許を取得しました。このNEAジェルによってBelow Zeroの内部でアルコールが固体に近い状態で凍らせることができるのです。

ロジャース氏は、「本当の仕組みは、ゲルがアルコールそのものを抱え込んで、アイスクリームにするということなのです。」と語っています。「アルコールは、その氷点で飲むことができないため、氷点は「存在しなかった」とも言えます。最初の頃は液体窒素を使ってBelow Zeroを作っていましたが、今の新しい機械では、すぐにソフトクリームコーンにのせて食べられるようになりました」。

Below Zeroは、飲料であるビールやカクテル、スピリッツをソフトクリームのように変えてしまいますが、アルコール度数にはまったく影響を与えません。アイスにする前とアルコール度数は全く同じなので、液体の時と同じようにアイスクリームでも酔うことができるのです。

ロジャース氏によると、ビールの場合はアイスクリームの形にするまで約30分かかるそうですが、アルコール度数が高いスピリッツなどではもっと長くかかります。アルコール度数が高ければ高いほど、待ち時間が長くなるというわけです。

ロジャース氏は、ケータリング・イベントなどでお酒をソフトクリームコーンに乗せて提供することで、Below Zeroを宣伝してきました。今後は、利用者を驚かせたいバーや醸造所にもこの機会を販売する計画を持っています。イギリスのメディアMetroによると、Below Zeroは約6,000ドルで販売される予定だそうです。

日本でも是非導入するお店が現れてくれることを期待したいですね。