FunLifeHack
おもしろ話

ビッグマックを食べるためにヘリをチャーターした男

お金持ちの考えることを庶民が理解するのはなかなか難しいようです。ロシアの富豪がマクドナルドを食べるためにチャーターしたヘリコプターを使って移動し、話題になっています。

ロシアとウクライナの国境にある黒海にあるクリミア半島では、2014年にプーチン大統領が起こしたロシアへの強制併合に対するアメリカの制裁の影響で、マクドナルドのようなアメリカ企業は営業が許可されていません。

プライベートヨット界の大物であるヴィクトル・マルティノフ氏(33歳)は、ガールフレンドとクリミアにあるリゾート地アルシュタで休暇を過ごしていました。

しかし、空腹になった二人はどうしてもビッグマックが食べたいと、マクドナルドのある最も近いロシアの都市、クラスノダールに行くことにしました。その方法は何とヘリ移動。わざわざチャーターして向かったそうです。

お店で注文したのは、ビッグマック、フライドポテト、ミルクセーキ。約4000ルーブル、5500円程度の食事だったそうです。

これだけのために往復700kmを飛行したのです。そしてかかった費用は約20万ルーブル、28万円にもなったそうです。

ヘリコプター会社は、このような任務で呼び出されたことは一度もないと言っているそうです。