ライフ

ジェットエンジンを積んだ油井用特殊消防車 Big Wind がスゴイ

旧ソ連製の戦車とソ連製ジェットエンジン2基、それに水を組み合わせて出来たものは何でしょうか?その答えは、油井の火災に対応できる特殊消防車「Big Wind(ビッグウィンド)」です。

湾岸戦争末期の1991年2月、撤退するイラク軍は700基を超えるクウェートの油井に火を放つという暴挙に出て、砂漠はまさに世紀末を思わせる風景となりました。毎日600万バレルの石油が30週間にわたって燃え続け、炎は100メートル近くまで燃え上がり、空は黒い煙で覆われました。炎の温度は摂氏1000℃にも達し、周囲の空気でさえ摂氏350℃という状況でした。消火活動どころか近づくことさえ不可能に近いものでした。まさにBig Windのためにあると言える状況でした。

Big Windは、ロシアのアイデアをもとに、第2次世界大戦中のソ連製戦車T-34がベースになっており、砲塔の代りにMiG-21戦闘機のエンジン2基と6本のウォーターノズルに置き換えられており、古いSF映画かロボットアニメに出てくるような外観をしています

「Car and Driver」誌によると、旧ソ連では大型トラックの荷台にMiG-15ジェットエンジンを1基取り付けて、ガスや油井の鎮火をしたり、飛行場の除雪に使用していたそうです。このアイデアに触発されたハンガリーにあるMBドリリング社は、2つの強力なジェットエンジンを、トラックより強固なベースとなる古い戦車に取り付けた改良型を開発し、「Big Wind(ビッグ・ウィンド)」と名付けました。

この特殊な消防車は、ハンガリーの油井火災を想定して製造されたものですが、1991年にクウェートに移送され、湾岸戦争によるクウェートの油井火災消火ために使用されました。出動した9つの油井すべてを鎮火し、その有効性を証明したのです。

Big Windは普通の消防車ではありません。普通の家の火事には使えず、むしろ被害を大きくする可能性が高いでしょう。搭載している2つのジェットエンジンは、27,000ポンドの推力を発揮し、時速1200㎞で130㎥の空気を吹き出すのです。この数値は家自体を飛ばしてしまうほどのパワーです。

この消防車は、油井火災用に特別に設計された、非常に強力な消防車です。2台のジェットエンジンが送り出す強力な気流と、エンジン上部の6つのノズルから出る水が混ざり合うことで、地上から出てくる油の流れを断ち切ることで鎮火ができる仕組みです。

井戸から噴出する油は、最初の5~10メートルまでは、酸素が混ざって発火するには速度が速すぎるため、燃焼しないそうです。Big Windが空気と水の強力な組み合わせで狙うのは、この部分だそうです。油の流れを断ち切ることで鎮火し、水が現場周辺の空気を冷やすことで再燃を防ぎます。

湾岸戦争では、わずか3人の消防士が9つの火災を消火し、油井を復旧させたことでBig Windの名は歴史に残りました。湾岸戦争から30年近く経っており改良された新型があるのかは不明ですが、人類史上最強の消防車の一つであることに確かでしょう。

ハンガリーの大手石油会社MOLグループの投稿によると、Big Windは今でも同社の「消火器」として活躍しているという。