FunLifeHack
おもしろ話

ラクダ 砂漠を100㎞横断して売られた先から元の飼い主の家に帰る

8か月前に別の農家に売却されたラクダが内モンゴル自治区の不毛の砂漠を何日もかけて横断し元の飼い主の家にたどり着いた心温まる物語を中国のメディアが取り上げました。

ラクダの元の飼い主ティムールとその妻は、2019年10月に別の農家に売りました。売られた先は100キロ離れており、冬には町で飼われ春は山で放牧されていました。ラクダは新しい環境に順応したように見えましたが、夏の毛刈りが終わった翌日6月27日に逃げ出してしまいました。

報告によると、ホームシックになったラクダは砂漠の中を100キロ以上歩き、山をかき分け、高速道路やフェンスを越え、ついに元の家に近づいたところで牛飼いの人に発見され保護されました。身体にはこの冒険で負った傷もありました。

ラクダの危険な冒険話を聴いた元の飼い主は、このラクダを引き取ることにしたのです。ティムールの妻は「私たちはラクダを連れ戻したいと思いましたが、現在の所有者はすでにラクダを自分のところに引き取っていました。それで私たちは連絡してこのラクダを若いメスのラクダと交換することで引き取ることが出来ました。多くの柵を越えてきたのか、身体にたくさんの傷がついていて、とても悲しくなりました。」と言っています。

「ラクダは賢い動物なので、もう誰にも売ることはありません」「一生自由に過ごさせるつもりです。」と言っています。

このラクダの話の動画は、1600万回以上も見られています。多くの視聴者が動物の忍耐強さと帰巣本能に感銘を受けたことでしょう。