FunLifeHack
おもしろ話

カナダのAmazonで果物入れとして売られていたのは中国の痰壺

これだけグローバル化してきた現在でも、まだまだ西洋と東洋の文化の差は大きいようです。ちょっと前まで日本でもフィンガーボールの水を飲んだとかいう話をよく聞きましたが、異なった文化では元々の道具の用途とはかけ離れた、意外な使われ方をすることがあるようです。

最近、Amazonに掲載された商品が、中国に人々を驚きと笑いに誘いました。中国ではごく一般的な家庭用の痰壺(小便器としても利用可)が、カナダのマーケットプレイスで中国の台所用品の骨董品として販売されていることが最近明らかになったのです。

中国のポータル「Global Times」によると、商品リストのスクリーンショットが中国のSNS「新浪微博」で5,000万回以上の再生回数を記録するなど、中国で大きな話題になっているそうです。

 人々が普段唾を吐いたり小便をしたりするホーロー製の壺が「1960年代の中国のアンティークフルーツバスケット」と説明されていることに驚きと笑いの声があがっています。説明では、この壺を「中国の伝統文化」を表し、「人生の幸福」を象徴する色や模様が施されており「美しい」と表現しています。

また、「この壺にはどんな果物でも入れられるほどの大きさがある」とし、「幅広い用途に使える実用的なもの」としています。

別のAmazonのリストに添付された写真では、シャンパンのクーラーバケツやバゲットを保管するための入れ物として使用しているものもあります。

また、良い新築祝いや結婚式のギフトとしても推薦されています。

しかし何よりも中国の人を驚かせたのは、約5800円(68.45カナダドル)で販売されており、中国国内での価格の実に15倍近い価格で販売されていることです。

これを見た中国の人たちは、自分たちの痰壺がこんなにも高く評価されているとは知らなかったと笑っているとか。SNSをみると世界中の他のアジア人たちもこのジョークに参加しているようです。