FunLifeHack
おもしろ話

コワッ!子供の頃に鼻に詰めたまま忘れられたコインが53年ぶりに摘出される

ロシアの首都モスクワの郊外にある街ゼレノグラードにあるコンチャロフスキー市立臨床病院の医師らはこのほど、数ヶ月間右の鼻孔から呼吸が全くできなかったという男性患者の奇妙な症例を報告し、話題になっています。

ロシアのゼレノグラード市に住む59歳の男性は、子供の頃に鼻の穴にコインを突っ込んだまま、すっかりそのことを忘れていました。男性は、その後も思い出すことはありませんでしたが、半世紀以上も深刻な鼻呼吸困難を抱えて生活していたそうです。

CTスキャンの結果、右の鼻孔は、鼻咽頭に近い部分が高密度の異物によって完全に塞がれていることが判りました。鼻の穴を左右に隔てている鼻中隔の湾曲も認められましたが、それだけで完全に鼻腔を閉塞するまでにはならなかったと思われます。異物も問題ではありますが、鼻中隔の湾曲によって呼吸困難が強調されていたため、この男性は病院に頼る以外にありませんでした。

59歳のこの患者は、コインが呼吸困難の原因になっている可能性については全く医師に話していませんでした。彼自身がコインのことをすっかり忘れていたためです。男性は、CTスキャンで判明した謎の丸い物体を見て、初めて6歳くらいの時に小さなコインで遊んでいた時にそれを鼻に突っ込んだことを思い出したのです。

彼の母親はとても厳しかったため、コインが鼻の穴につまって取れなくなったことを母親に言い出せず、時間が経つにつれてすっかり忘れてしまったそうです。この話を聴いた医師たちは彼の話を信じませんでしたが、1時間半に及ぶ内視鏡手術でコインを取り出し、ようやく彼の話を信じたようです。併せて、医師たちは鼻中隔の湾曲も矯正し、鼻呼吸は改善されました。

医師は、この男性が異物による重篤な合併症を伴わなかったのは非常に幸運だったと述べています。このような場合、頭蓋内の様々な合併症や瀉血性合併症が起こる可能性があったそうです。呼吸困難だけですんだのはラッキーだったようです。