FunLifeHack
ライフ

スキーやクライミングも出来る発電所が楽しい! in デンマーク

北欧というとスキーのイメージが強いですが、デンマークには山がありません。デンマークの人々がスキーを楽しもうと思うとわざわざ隣国スウェーデンまで行っているんです。しかし年中スキーを楽しむことができるアーバンマウンテン「コペンヒル(Copenhill)」がオープン1周年を迎え話題になっています。

環境に配慮したサステナブルな発電所

このコペンヒル、単なる人口スキー場ではなく「本業」はゴミ焼却用の発電所なんです。もともと50年前の古い発電所を9年の歳月をかけて最新の再生電力用発電所として再生させたものなんです。煙突から排出されるのは水蒸気とCO2だけで、周辺に臭いなどは全くでないそうです。最新型発電所の様子はガラス張りエレベーターからも観察できるようになっています。

設計は、世界的に活躍するデンマーク人建築家ビャルケ・インゲルス率いる、B.I.G建築事務所(以下BIG)。設計は、デンマークを代表する建築家ビャルケ・インゲルス率いるBIGが担当。インゲルス氏は「この街には山がないから、発電所を山に見立て、人々の憩いの場をつくりたかった」と語っています。また、コペンハーゲン市長も「サステイナブルと、革新的な建築、レジャー施設の組み合わせが、都市の発展に貢献するはず」と期待を表明しています。

屋上からスキーで地上に

屋上部分から地上まで「Uの字」を描く感じで、総延長約450m、高低差75mの人工芝スキーコースになっています。人口芝なので雪がなくても年中楽しむことができます。最大傾斜角度30度超えるところもあり、上級者でも飽きなさそうです。また、ポールを立てている部分もあり変化に富んでいます。コースの中ほどから地上までは、ゆるやかなコースで初心者、子供のためのエリアになっています。全部で4つのリフトがあり、フリースタイルのエリアまで完備しています。

ウォールクライミングは高さ80メートル!

スキー以外にもクライミングも楽しめます。建物の壁面にあるクライミングウォールはなんと高さ80m。グレードの異なる5本のルートが用意されています。形状もルーフ、アレート、クラックなども変化に富んでいます。登るのはかなり勇気が要りそうですね。

トレッキング・ハイキングも楽しめる

それ以外にもトレッキング・トレイルランニング用コースもあります。傾斜角度は5~35度、頂上まで最短で450mの距離があり、登り口から頂上まで約15分ほどかかります。

日本だと発電所の建設には反対の声がどうしても出てしまいますが、こういった環境に配慮しレジャー機能を持ったものだったら少しは少なくなりますかね?周辺が混むとか別の反対理由も増えそうですが…。