FunLifeHack
アート

パンプキンカービング ディーン・アーノルドの彫るカボチャの彫刻が魅力的

ハロウィンにはまだだいぶ時間がありますが、野菜や果物を彫刻するカービングを趣味にしている人は日常的にカボチャの彫刻を作っているようです。中でも第一人者とも言われるディーン・アーノルド氏の作る作品は常に人気を集めています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

ディーン・アーノルド氏は、世界でも有数のパンプキン彫刻家として知られています。世界最大のジャックオーランタン制作のギネス世界記録保持者であり、ハロウィンなどのイベントを手掛けることで世界的に有名なヴィラファン・スタジオ・チームのメンバーでもあります。もともとはグラフィックデザインの仕事をしていた彼は、趣味が高じて現在はプロのアーティストとして活躍をしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

彼はカボチャにこだわることは無く、ジャガイモや人参を使ったカービングやの革新者としても知られています。これらの野菜は一年中簡単に手に入ります。カボチャのオフシーズンに練習用に使うことができるそうですが、彼はジャガイモや人参自体が素晴らしい彫刻媒体になることを発見しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

アメリカのカボチャは一般的にオレンジ色の表皮をしていますが、彼は、日本でよく目にする緑色の表皮をしたカボチャでも作品を作っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿


「この日本のカボチャは、数年前にアジアの食料品店で見つけました。色が気に入ったので、家に持ち帰って彫ってみました。彫るのに適した質感と厚みがありました。そして、甘い香りがします。私が最初に彫ったのはこのカボチャだったと思います。それ以来、ますます多くのカービングカーが日本のカボチャを使い始めていますが、私がカービングコミュニティに日本のカボチャを紹介したと思うと、正直言ってとても気分がいいですね」と語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

彼はカービングの魅力について「かぼちゃ、じゃがいも、にんじん、エンドウ豆まで、信じられないようなキャラクターに彫刻されて……そして、腐っていくんです。私は一時的なアートが好きで、私の作品の寿命が短いことで、まるで訪問者のように感じられるのです。増え続けるアイテムのコレクションではなく、私のオフビートな作品は、その瞬間を共有するためのものです。」と述べています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deane Arnold(@deanearnold)がシェアした投稿