FunLifeHack
アート

大昔の生物の大きさを感じさせるCGを描くアーティストが話題に

現代のCGテクノロジーを使うことで、大昔の生物の様子もリアルに想像することが出来ます。デジタルアーティストのローマン・ウチーテル氏がテクノロジーを使う理由はまさにそこにあります。彼はPhotoshopを使って、過ぎ去った、そしておそらくは二度と戻ってこないものを描き出し、垣間見せてくれるのです。彼は、先史時代の絶滅した動物を再現しているのです。

中でも、絶滅した種と現代まで生き残っているその種の子孫の大きさを並べて比較しているシリーズはネット上で大きな話題を集めました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

絶滅した古代の巨大サメであるメガロドンが有名ですが、太古の昔に生きていた動物の祖先たちは、想像よりもはるかに大きいことが良くあります。ウチーテル氏が描くCGを見ると、改めてその迫力を感じることが出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roman Uchytel(@romanuchytel)がシェアした投稿