FunLifeHack
エンタメ

映画「イップ・マン 完結」公開 主演ドニー・イェンの他出演作品を観てみよう

俳優ドニー・イェンが主演を演じる人気シリーズ イップ・マンの最新作「イップ・マン 完結」が2020年7月3日に公開されます。
予定では5月6日公開の予定でしたが、新型コロナ感染拡大の影響で延期になっていました。

イップ・マンでは穏やかで忍耐強く寡黙な役どころを演じたドニー・イェンですが、他の作品ではどんな役柄を演じているのでしょうか。ドニー・イェンが出演しているほかの作品をピックアップしてみました。
イップ・マンの時とはちょっと違った雰囲気を演じるドニー・イェンを見てみてはいかがでしょうか。

(C) Lucasfilm 2016

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱(1992年製作)

清朝末期の中国広州。欧米列強による中国侵略が進む中、貧者救済と外国排斥をうたいつつ国家掌握を目論む新興教団「白蓮教」が広まっていました。
これに平和な理想国家の樹立を夢見て地下活動を展開する孫文と革命派、さらに清朝の維持のために両者を危険視する蘭提督(ドニー・イェン)率いる広州警察の三者が睨み合う状況になっていました。
そんな中に、漢方師で高名な武道家である黄飛鴻(リー・リンチェイ)が広州にやってきたことで事態が大きく動き始めます…。

1992年制作と少々古い映画ですが、ドニー・イェンとリー・リンチェイの対決を見ることが出来ます。
二人とも当時29歳と脂の乗っり切ったカンフーアクションを観ることが出来ます。

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (2016年制作)

銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器デス・スター。
その設計図を奪うための反乱軍の極秘チーム「ロ―グ・ワン」に加わった女戦士ジンは、希望を取り戻すため、仲間と共に97.6%生還不可能なミッションに挑みますが…。

意外な感じがしますが、スターウォーズにも出演しています。
スター・ウォーズ『エピソード4/新たなる希望』の直前を描いたスピンオフ作品です。
ドニー・イェンが演じるのはチアルート・イムウェというキャラクターで、フォースの存在やジェダイの教えを信じる盲目の僧兵という役どころです。
フォースは使えませんが棒術を操る武術マスターとして強さを見せてくれます。

スーパーティーチャー 熱血格闘

香港のタックチー学園は、ここ数年の学力低下により、教育局からの補助金を打ち切られそうになってしまいます。
そんな中、アメリカ帰りの教師チャン・ハップ(ドニー・イェン)は、不良生徒ばかりのクラスの担任となります。
チャンは自身の経験とテクニックで問題児たちと向き合わなければならなくなります…。

ドニー・イェンが先生役を演じる学園ドラマです。
アクションは当然あるものの荒れた学園を立て直そうとする熱血教師を演じています。
香港版金八先生のアクション追加版といったところでしょうか?
肩ひじ張らず気楽に観れる作品になっています。

まとめ

1963年生まれのドニー・イェンは今年で57歳になります。
どの映画でも切れのあるアクションをこなすため若々しいイメージが強いですが、結構高齢だったんですね。
映画の出演数も40本を超え、香港に限らずハリウッドでも活躍しています。
今回は代表的な作品をピックアップしましたが、マイナーな作品でも隠れた名作があるかもしれませんので探してみてはいかがでしょうか。