FunLifeHack
おもしろ話

象のフンから作るジン インドロブ(Indlovu)を生産する夫婦

ジャコウネコのフンを使ったコーヒーは有名ですが、象のフンも有効に活用する方法があるようです。南アフリカで生産されているスピリットのジン「インドロブ(Indlovu)」は、象のフンから採取した植物を使用しています。

るポーラとレス・アンシュリー夫妻は、分野こそ異なりますが二人とも生物学の教授でした。二人は定年退職後にイギリスから南アフリカに移住し、地域の保全活動に貢献、地域社会を支援することを決意しました。しかし、彼らの計画に象のフンが大きな役割を果たすことになるとは、二人とも全く想像もしていませんでした。それは偶然にも起こったことでした。

現在、二人は象のフンから採取した「象が食べた植物」を使用する蒸留所を経営しており、他に類を見ないユニークな「インドロブ」というジンを製造しています。

アンズリーさん家族は数年前、南アフリカの動物保護区を訪れてました。あるレンジャーが、ゾウは採食する食物には強いこだわりがあり、食べた植物のうち吸収されるのは半分以下で残りの半分はフンの中にそのまま残っていることを説明していました。それを聞いたときにユニークな蒸留酒を思いついたのです。ジン好きだったレスさんは、象に最高の天然素材を集めさせて、それを使ってユニークなジンを作ってみてはどうだろうかと考えました。

2人とも蒸留の経験はありませんでしたが、ゾウの糞を使って高品質のスピリッツを作るという計画を実行するために、2018年にインドロヴ・ジンを設立したのです。

CNNのインタビューにレスさんは「私たちは西ケープ州の保護地区ボトリエスコップに連絡して、ゾウの糞を送ってもらえないかとお願いしました。」と語っています。「そのリクエストに「いいよ、問題ない」と言ってくれて、ゾウの糞を郵送してくれました。それをどうやってジンを作るかを検討し始めたのです。」

まず、糞を乾燥させ殺菌処理を行います。 その後にすすぎ、再度乾燥させます。そして最後にジンに注入するのです。 ジュニパーやコリアンダーなどの良く使用されるジンの成分とは別に、インドロブは、アロエやアカシアなど、象の食べていた根、草、果物、樹皮の抽出物からもその風味を引き出しているのです。

インドロブのボトルには、フンがどこで採取されたか分かるようにGPS座標と採取日が記載されています。「象が植物を採取する場所や、どの象のフンから植物を採取するかによって、ジンの味は少しずつ変わってきます。」とレス・アンズリー氏は言います。

2019年11月に最初のインドロブが生産されました。現在では他のアフリカ諸国やヨーロッパなど様々な市場に届いています。使用された主成分を考慮すれば受け入れられるかどうかは微妙であり、アンシュリーさんはそれは予想出来ていたと話しています。しかし、実際にインドロブを試した人の多くは、その味に感銘を受けたと言っています。

「土のような、草のようなタイプの味がします。」とレス・アンシュリー氏は言います。「もしフンからジンを作るのであれば、素晴らしいジンを作らなければならないと強く意識していました。」

アンシュリー氏の蒸留所は、ゾウの保護活動を支援するために、利益の15%をアフリカ財団に寄付しています。