FunLifeHack
おもしろ話

目に見えず触れず実在もしない「彫刻」が200万円で落札される

普通の人には全く理解できないオークションが先日、イタリアのミラノで行われ、当初の予想価格80万円を大きく上回る約200万円で落札されました。落札されたのは、世界初の「見ることが出来ない彫刻」です。

アーティストのサルバトーレ・ガラウ氏がオークションに出品した「実在しない彫刻」は、あなたの頭を悩ませることになるでしょう。「Io Sono」(英語で「I am」の意味)と題されたこの目に見えない芸術作品は、物質的に見れば何も存在しませんが、そこには彫刻としての虚空があり「概念」が存在しているそうです。要するに凡人から見ると、何もないのです。この作品に対して、匿名の個人が1万2,000ユーロ(オークション権利付きは1万5,000ユーロ)で落札をしたのです

この目に見えない彫刻の新しい所有者は、実際は、何を手に入れることになるのでしょうか?「Io Sono」が購入者の所有物であることを証明する鑑定書だけを受け取ることになるそうです。まあ、何もないよりはいいかもしれませんが…。では、目に見えない彫刻をどのように保管すればよいのでしょうか?作者であるガラウ氏は、150×150cm程度の障害物のない特別な部屋で保管することを提案しています。嬉しいことに、「Io Sono」は非物質なので、特別な照明や空調設備は必要ありません。

「オークションが成功したことで、反論の余地のない事実が証明されました。それは、虚空とはエネルギーに満ちた空間に他ならず、たとえ空にして何も残らなかったとしても、ハイゼンベルクの不確定性原理によれば、無には重さがあるということです。」とサルバトーレ・ガラウ氏は述べています。「そのため、エネルギーは凝縮され粒子に変化し、つまり私たちの中にあるのです 私が非物質的な彫刻を「展示」すると決めたとき、その空間はある量と密度の思考を正確に一点に集中させ、私のタイトルだけで最も多様な形態を持つ彫刻を生み出すことになるでしょう。結局、我々は見たことのない神を形にしているのではないだろうか」。

ガラウ氏によると、この彫刻は現代の完璧なメタファーだと考えており、複製不可能な作品であるだけでなく環境への影響がゼロであることを考慮すれば、最近流行っているNFTのアート作品よりも優れている、そうです。