FunLifeHack
フード

コメダ珈琲のベジタリアン系カフェ コメダイズ(KOMEDA is □)

コメダ珈琲と言えば、シロノワールをはじめ想像以上に大きいサンドイッチやハンバーガーが目白押しでガッツリ、ジャンク系のイメージをお持ちの方が多いでしょう。そんなコメダですが、プラントベース(植物由来)100%のメニューを提供する世界初の喫茶店「コメダイズ(KOMEDA is □)」をオープンしたのは今年の7月。以降好調を保っています。

「Komeda is □」とは?

コメダイズ」はコメダ珈琲店を展開している「株式会社コメダホールディングス」が経営する、地球に優しい植物由来100%のメニューにこだわったプラントベース喫茶店です。「美味しいコーヒーと落ち着ける空間で、日々の生活に「くつろぎ」を提供する」という、従来のコメダのモットーは「コメダイズ」にも引き継がれています。この特徴的な店舗名は、同店のメニューの主原料となる「米+大豆(コメ・ダイズ)」に由来するユニークなもので、その後に続く“□=空欄”には、人々のくつろぎの幅をもっと広げていきたいという想いが込められています。

緑を意識した店内には、サステナブルな店舗の象徴として古材を使った「再生の木」などでくつろぎ空間を演出しています。インテリアもエコを意識。コメダ珈琲店で使用した“コーヒー粕”や高千穂の火山灰で塗装した壁、廃棄予定のガラスで仕上げたペンダントライトなど、自然素材をふんだんに使用したナチュラルな空間に仕上げています。

また、テーブルにコンセントがあり、幅広いユーザが利用しやすいように工夫されています。

どんなメニューがある?

コメダでも自慢のモーニングからランチ・カフェ・ディナータイムまで、1日を通して楽しめる豊富なメニューが用意されています。
メニューは全てプラントベース。おいしさも追求したフード34種、デザートは8種用意されています。

モーニングには、バターの代わりに「塗る豆乳クリーム」を使用したトーストに加え、上白糖不使用のジャムや小倉あんといったヘルシーなトッピングを用意。

ランチで提供する、大豆ミートのパテを使った「べっぴんバーガー」は、発酵調味料で体にやさしい「別品(べっぴん)」味。同店で提供するバーガーや、ミートソースパスタは全て、肉を大豆ミートに替えている。「アボ照り」、「misoチーズ」「curryマヨ」「タルタルwasabi」など4種を準備。

ティータイムにはパンケーキがおすすめ。米粉100%の「コメコパンケーキ」は、ライスジュレを使い食感にこだわっています。ホイップもプラントベースで仕上げています。

夜の時間帯は、アルコールの提供に合わせて、「豆腐フリット3種のソース」(690円)、「soyハムカツ」(590円)などのおつまみメニューも提供。

お店の詳細

  • コメダイズ 東銀座店
  • 住所:東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア1階
  • アクセス: 東京メトロ日比谷線 都営地下鉄浅草線「東銀座」駅徒歩2分
  • 営業時間:7:00~23:00(ラストオーダー22:30)
    ※モーニングサービス7:00~11:00/アルコール提供11:00~23:00
  • 席数:68席※全席禁煙
  • 定休日:年中無休※年末年始は異なる場合がございます。
  • 食べログ情報:

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 東銀座駅築地駅築地市場駅