FunLifeHack
フード

西陣織ラベルの京都産ウイスキーが誕生 京みやこ蒸溜所から発売

京都と言うと、どうしても日本酒のイメージが強いところですが、実は数年前にウイスキーの蒸留所が誕生していたんです。その名も「京みやこ蒸溜所」。2019年に京丹波町に誕生しました。京丹波町は清流の由良川が流れ、周囲には長老ケ岳などの豊かな山々があり自然に恵まれたところです。

また、比較的高所にいちしているため寒暖差が大きいのも特徴だとか。ウイスキー造りにおいてはこの寒暖差はウイスキー樽などに大きく影響を与え、熟成を進めてくれる効果があるそうです。

ウイスキーに限らず酒造りにおいて、もっとも大切な水。町内を流れている由良川は上和知川の支流で、美味しいアユが捕れるところとしても有名です。明治時代の美食家・北大路魯山人もそのアユを絶賛しているそうです。そんなアユが育つきれいな美味しい水が流れているのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kyotowhisky(@kyoto_whisky)がシェアした投稿

そのような場所に出来た京みやこ蒸留所から待望のウイスキーが発売されることになりました。

発売されるのは3種類。それぞれのラベルには帯に見立てた西陣織を使用しています。ちなみに、このラベルについては意匠登録出願中だそうです。残念ながら、少数精鋭で製造している為、販売を京都府内限定になるそうです。京都に行く機会があったら入手してみたいですね。

京都ウイスキー 西陣織赤帯(ラベル)

厳選されたモルトウイスキー、グレーンウイスキーを絶妙にブレンドしました。バニラのような甘美な香りが口いっぱいに広がります。調和のとれた味わいを、ぜひ様々な飲み方でご堪能ください。

  • 価格 1800円(税抜)
  • 容量 700ml
  • アルコール度数 40%

 

この投稿をInstagramで見る

 

kyotowhisky(@kyoto_whisky)がシェアした投稿

京都ウイスキー 西陣織黒帯(ラベル)

アメリカンオークの新樽で仕込み熟成された本格的なバーボンウイスキーと厳選されたモルトウイスキーをブレンドしさらにバーボン樽にて熟成を重ねました。濃密なバニラ香とフルーティーで甘美な余韻をお楽しみください。

  • 価格 4000円(税抜)
  • 容量 700ml
  • アルコール度数 46%

 

この投稿をInstagramで見る

 

kyotowhisky(@kyoto_whisky)がシェアした投稿

京都ウイスキー 西陣織紫帯(ラベル)

確かなモルトの香味にバランスの良いスモーキーさと甘みで高級感を演出しました。絶妙なブレンド技術により、厳選された複数のモルト原酒の本来の味わいを感じていただけます。
京丹波町の豊かな自然の恵みを受け、完成された繊細で心地よい余韻を存分にお愉しみください。

  • 価格 4500円(税抜)
  • 容量 700ml
  • アルコール度数 43%