FunLifeHack
おもしろ話

70万個のLEGOブロックで作られた紫禁城がスゴイ!

中国のLEGO愛好家が、70万個のLEGOブロックで作った北京の紫禁城を発表し、ネット上で大きな話題を集めています。

広州在住のLEGOマニアのLi Zhiningさんは、4メートル×2.4メートルのもの大きさで広がる紫禁城の模型を、実に1年かけて制作しました。このモデルには、象徴とも言える故宮院の正門「午門」、70以上ある宮殿、9,000以上の家屋からなる紫禁城の3つの正殿、堀、すべての櫓など、紫禁城のほぼすべてを再現しています。しかもこの作品、カスタムメイドのブロックは一切使用せず、一般に手の入る標準のブロックだけを使用しているのです。

Li Zhiningさんが、LEGOと出会ったのは2008年。それ以来LEGOに夢中になっているそうで、彼が現在所持してるLEGOのブロックはなんど1億個以上、総重量約11トンにもなるそうです。どこに保管しているのかは明らかにしていませんが、一部の人から「LEGOマニア」と呼ばれていることは認めています。

李さんは、この作品を「I am Chinese」と名付けており、中国人の精神と中国の独創性を世界に示したいと語っています。

「I am Chinese」は彼の最新作ですが、過去にはノートルダム大聖堂、ウェストミンスター宮殿、広東タワー、ゲーム「World of Warcraft」の世界などをLEGOで製作しています。