FunLifeHack
おもしろ話

157回運転免許の学科試験に失敗した男性ついに合格する イギリス

イギリスのある男性が、運転免許の学科試験に157回も失敗し続けていましたが158回目の受験でやっと合格したニュースがイギリスで話題になりました。

イギリスの政府機関である自動車基準当局(DVSA)は最近、学科試験に合格するまでに失敗した回数の記録が更新されたことを報告しました。報告によると、ある男性(名前はプライバシーのため開示されず)は、過去に157回失敗した後にやっと合格することができ、そのために3,000ユーロ (約40万円) を費やしたことになるそうです。

この男は複数のメディアから「世界最悪のドライバー」の称号の候補者と呼ばれていましたが、中には「忍耐の例だ」と称賛する声もありました。

セレクト・カー・リースのディレクター、マーク・トング氏は「言われていることは本当です。例え最初はうまくいかなくても何度も挑戦してみましょう。運転免許試験に合格することは、人生で最も困難な挑戦の一つであり、何回も挑戦する人もいます」と語っています。「1回の不合格であれ157回の不合格、自分を取り戻してもう一度挑戦することは恥ではありません。そして、それができる人は誰でも大きな評価に値するのです。」

この男性は現在、運転学科試験の不合格回数ランキング第1位ですが、他の人たちもなかなかの強者がそろっています。DVSAのデータによると、ランキング2位は、117回不合格の30代女性。彼女はまだ合格していないため1位になる可能性を秘めています。3位は94回目の受験でようやく合格した48歳の女性だそうです。

イギリスの免許制度ではこの後に実技試験があるそうです。こちらはすんなり合格することを願いたいですね。