FunLifeHack
ライフ

スポーツ用品メーカーのマスクは現在購入できるのか?

梅雨真っ盛りで蒸し暑い日が続いていますが、マスク生活は当分は終わりそうにありません。
そんな中、運動をしようとするとマスクの息苦しさを痛感します。
普通のマスクでちょっと強度の強い運動をしたら、呼吸は苦しいし汗でマスクがべたべたになるしで大変な思いをしました。
やっぱりスポーツ用品メーカーが開発したマスクならもう少し運動しやすいのでしょうか。どのメーカーがマスク販売しているか調べてみました。

アディダス

5月25日にオフィシャルサイトでオリジナルフェイスマスク「FACE COVER(フェイスカバー)」の販売開始を発表しています。
現在は欧米、中国で販売となっており、残念ながら日本では未発売です。
順次販売エリアの拡大を予定しているとのことなので楽しみに待ちましょう。
ポリエステルを再利用したオリジナルのリサイクル素材Primegreenを採用した尼二層構造になってます。
柔軟性のあるやわらかいつけ心地と呼吸のしやすさが特徴となっています。
カーブを描くような丸みのある立体マスクで、男女選ばず着用できるようになっています。繰り返し洗うことが出来ます。
価格は3枚セットで£12.95/$16。

アンダーアーマー

アスリートの健康と安全を最優先した「UAスポーツマスク」が発売しています。
独自の3層構造が特徴で、通気性に優れたポリウレタン製フォームと立体構造によるエアポケットにより、運動時でも呼吸がしやすく快適な付け心地になっています。
肌に触れる部分には冷感素材が採用されいるのもこれからの季節うれしいですね。
写真だとちょっとごつく見えますが、伸縮性もあります。手洗いも可能です。
このマスクですが、初回販売は1時間で3万枚が即完しており、人気が判ります。
現在はネットでの予約受付は終了しており8月から直営店や公式サイトで発売予定となっています。
価格は3300円(税込)。

ミズノ

ミズノは「マウスカバー」を販売しています。
水着や陸上ウエアでも使用されている伸縮性に優れた素材のため、フィット感が抜群です。
単色タイプ、プリントタイプ、アイスタッチタイプあわせて24色もあります。
「アイスタッチタイプ」を販売しており、内側に独自の夏向け素材である接触涼感“アイスタッチ”が採用されています。
熱放散がよく、肌に触れたとき心地よい清涼感が味わえます。
すべてのタイプで手洗い洗濯が可能です。
残念ながら申し込みはすでに終了しています。
抽選申し込みが殺到し、サーバダウンもあったようです。
今後についてミズノ公式ブログでは、通常販売については
「現在の状況から考えますと非常に難しい」、
「在庫との調整になりますが、ご当選されなかったお客様を対象に再抽選を行う可能性はございます」
とコメントされています。

ザムスト

サポーターなどで有名なザムストですが、マスク「ザムスト マウスカバー」を開発、7月1日から販売始めています。
息苦しさを軽減しつつスポーツ時に口元を覆うことが可能になっています。
口と鼻を覆う生地に「ダブルラッセル」が使用されており、通気性は不織布マスクの約10倍を実現。運動時の呼吸のしづらさを軽減してくれます。
オンラインショップでは品切れ中となっておりますが、「継続的に生産しており順次入荷いたします」とコメントされています。
2枚入りで2970円(税込み)。

ナイキ

世界最大のスポーツ用品メーカーであるナイキですが、スポーツ用のマスクは未発売のようです。
この記事によると新型コロナウイルスのためにあくまで医療従事者向けにフェイスシールドを開発しているようです。

ナイキのフェイスシールド。これじゃ運動できませんね。

 

ネットショップなどではナイキのロゴが入ったマスクを見かけますが、正規品ではない可能性もありそうです。

まとめ

大手スポーツ用品メーカーでもプーマやアシックスなどはマスクは扱っておらず、各社対応は分かれているみたいです。
それにしてもどれも品切れや入荷待ちとなっており、入手するのは大変そうです。
やはり運動の際にマスクの不快感を感じている人が多く、少しでも良いものをと考えている人が多いんでしょうね。
地道に入荷情報をチェックしてなんとか入手したいものです。