FunLifeHack
フード

マツコも絶賛 東京で食べられるご当地ラーメン4選

3月23日放送のTBSの人気番組「マツコの知らない世界」では「こだわりがスゴい!ご当地ラーメンの世界」として日本各地のまだあまり知られていないご当地ラーメンが紹介されました。

紹介してくれたのは90年代を代表する人気ロックバンド「サニーデイ・サービス」のベーシストで、大のラーメン好きとしても知られる田中貴さん。なんでも田中さんは年間に600杯、今までに5000件以上も地方ラーメンを食べているのだとか。「ラーメンは店主が奏でるミュージック」、「作る工程が1から見られるラーメン屋はまさにライブ会場」と感じられるのがラーメンを愛する理由だそう。

番組では「絶品マイナーご当地ラーメン」、「地元の人に愛される激ウマラーメン」などコーナーが別れていましたが、その中で「都内で食べられる!地方ロックラーメン」をご紹介します。田中さんがお勧めする、東京風にアレンジされていない地元の味にこだわるロックなラーメン店。ちょっと行ってみたくなりますよ。

酒田ラーメン ワンタンメンの満月(三鷹)

1世帯当たりの中華そば支出額が日本一のラーメンどころだという山形・酒田。魚介を使った醤油味のスープだそうです。使っている出汁は焼アゴ、うるめ、ひらご、かたくちイワシからとっているそう。酒田ラーメンの最大の特徴はワンタンを入れるのが定番のようです。

関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅

函館塩ラーメン 五稜郭(荻窪)

最近の函館ラーメンは豪華な海鮮を使用するなど独自のアレンジをしている店も多いそうですが、紹介された「五稜郭」では、函館でも消えつつある昔ながらの函館ラーメンを提供しています。麺は地元の製麺所から取り寄せるこだわりぶり。函館塩ラーメンの主流は豚骨ベースだそうです。トッピングでお麩が入っているのも定番だとか。

関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅

広島冷麺 からまる(大久保)

つけ麺スタイルで、麺もつけ汁も冷たい広島冷麺の特徴。広島ではお酒の締めとしても人気だとか。お好み焼きのイメージが強い広島。田中さんの考察では、広島ご当地ラーメンがなかなか広がらない理由は、発祥店が取材禁止写真禁止のためではないかと言うことでした。
ゆでたキャベツ、細麺、つけ汁はカツオだしに唐辛子を加えたピリ辛風。
締めだけではなく、酒と一緒でも合うそうです。

関連ランキング:つけ麺 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

長岡ラーメン 青島食堂(秋葉原)

青島食堂はなかなか取材できない長岡ラーメンの老舗だそう。麺・具材だけでなく調理器具まですべて地元新潟にこだわっています。長岡ラーメンの特徴は、生姜醤油味。豚骨ベースの濃い口しょうゆに生姜が効いています。このお店で使っている麺は、新潟から取り寄せた自家製の中細ちぢれ麺。新潟産の豚を使った薄切りチャーシューも絶品だそうです。
マツコは、表面に浮いている油と麺が絡んですごくおいしいと絶賛していました。

関連ランキング:ラーメン | 岩本町駅秋葉原駅馬喰町駅