FunLifeHack
おもしろ話

隕石で億万長者になった男 in インドネシア

天から降ってきた希少な隕石が自分の家の庭に落下。そのおかげで億万長者になったインドネシアの男性が話題になっています。

インドネシアの北スマトラ州で棺桶作りの職人をしている33歳のジョスア・フタガルン(Josua Hutagalung)氏は、妻と3人の息子と一緒につつましく暮らしていました。

8月のある日のこと、ジョスアさんはいつものように家前の道路にでて棺桶作りに励んでいました。すると突然、ドーンと言う音が破裂音がと同時に地面が揺れたのです。ジョスアさんは当時のことを次のように振り返っている。庭に行ってみると屋根の庇に穴が開いて、地面にはサッカーボールほどの石が半分ほど埋まっていたのです。音の原因は天から降ってきた隕石でした。その重さは2.2㎏にもなります。

「家の前で棺桶作りをしていたら、ドーンという音が聞こえて家が揺れた感じがしました。まるで木が倒れたかのようでした。隕石は熱過ぎて拾えなかったので、妻が鍬で掘り出し、家の中に運び入れたのです。」と同氏はその時の様子を語っています。

専門家によって隕石を詳しく調査したところ、「CM1 / 2炭素質コンドライト」に分類されました。これは生命の誕生に必要な固有のアミノ酸やその他の原始元素が含まれていると科学者が考えてる非常にまれな種類であることが判ったのです。この隕石に価値をつけるとなんと185万ドル(約1億9200万円)にもなったのです。

結局この隕石はアメリカのコレクターによって購入されました。実にジョスアさんの30年分の給料になったのです。

ジョスアさんはというと、教会を建てるためにお金の一部を使うことにし、棺桶職人は引退することになりました。

この幸運について彼は「娘が欲しかったのですが、この幸運が娘を授かる兆候だと思います。」と言っています。