FunLifeHack
フード

高級料理でギネス記録を持っているお店が今度は超高級フライドポテトを販売

先日、当メディアで世界一高級なサンドイッチを提供しているニューヨークはマンハッタンのアッパーイーストサイドにあるレストラン「Serendipity 3」の記事をご紹介しましたが、今度は超高級フライドポテトの提供を開始して人気を集めているようです。

「Serendipity 3」がこのほど提供を始めたのは、1皿200ドル(約2万2000円)にもなる超高級フライドポテト。こちらもギネス記録になるそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Serendipity 3(@serendipity3nyc)がシェアした投稿

このフライドポテト、正式には「クレーム・デ・ラ・クレーム・ポム・フリット」と名付けられており、チッパーベックという品種をビネガーとシャンパンで下茹でし、ガチョウの脂を使って二度揚げしているそうです。こうした手間をかけることで、外側はカリカリ、内側はホクホクになるといいます。

もちろんそれだけではありません。トリュフ塩とトリュフオイルをつかって風味を増し、さらにトリュフのスライス、トリュフ風味のモルネーソースを添えます。そして仕上げに上から食用の金箔をたっぷりとまぶすのです。

クリエイティブ・ディレクター兼シェフのジョー・カルデローネ氏は「セレンディピティーは本当に幸せな場所だ。人々は祝い事の際にここを訪れる。時には現実から逃避するためにも」と語っているそうです。

景気よく聞こえますがこのレストランも御多分に洩れず新型コロナウイルスのパンデミックによって休業をしていたそうです。起死回生の超高級フライドポテトで復活となるのでしょうか。その目論見通り、今のところフライドポテト目当てにしたお客さんで8─10週間先まで予約が埋まっているといいます。